1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

世界名作シリーズの人気作『赤毛のアン』 後のスタジオジブリ陣が制作

NEWSポストセブン / 2021年9月9日 16時5分

中高年世代などの記憶にも残る日本が誇る長編アニメシリーズとは

“世界名作シリーズ”をご存知だろうか。かつて毎週日曜日夜7時30分から放送されたテレビアニメシリーズで、『アルプスの少女ハイジ』や『フランダースの犬』など、今も愛される数多くの名作が生まれた。女性セブンでは読者1464人に、好きな世界名作シリーズの作品についてアンケートを実施。その結果は、第1位『アルプスの少女ハイジ』(1974年)、第2位『小公女セーラ』(1985年)、第3位『フランダースの犬』(1975年)、第4位『あらいぐまラスカル』(1977年)、第5位『母をたずねて三千里』(1976年)だった。

 今回は、第6位から第10位について、作品の詳細を含めて紹介する。

(※ “世界名作シリーズ”をどの作品から数えるのかは諸説あるが、今回はシリーズの流れを決定づけた『アルプスの少女ハイジ』からとする)

第6位『赤毛のアン』(1979年)

【原作】
『赤毛のアン』(ルーシー・モード・モンゴメリ)

【あらすじ】
カナダのプリンスエドワード島のグリーン・ゲイブルズに暮らす、年老いたカスバート兄妹のもとに、手違いで空想好きの孤児・アンが引き取られる。アンは2人の愛情に包まれながら、やがて聡明な女性に成長していく(全50話)。

【人気の秘密はココにあり】

 後にスタジオジブリを作る故・高畑勲さんが演出と脚本を、場面設定には宮崎駿さん、キャラクターデザインには、映画『耳をすませば』などの監督、故・近藤喜文さんが携わったという豪華な制作陣も魅力の作品。

【読者の声】

「風景はまるで名画を見ているようでした」(53才・主婦)
「村岡花子さん訳の原作を忠実に再現していて感動」(56才・介護職)

第7位『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』(1981年)

【原作】
『スイスのロビンソン』(ヨハン・ダビット・ウィース)

【あらすじ】
スイス・ベルンで開業医をしているロビンソンは、家族と共に医師不足に悩むオーストラリアへの移住に向けて船を出す。しかし、嵐に巻き込まれ、無人島に辿り着いてしまう。過酷な環境下で家族は一丸となって、生き抜いていく(全50話)。

【人気の秘密はココにあり】

 木の上にテントを張ったり、井戸や船を手作りしたり……。工夫や想像力でどんな困難も解決していく一家の姿に、サバイバルへの憧れを募らせた人も。10才の少女フローネの明るさも魅力!

【読者の声】

「手作りする生活用品のレベルの高さに驚いた。お料理もおいしそうでした」(53才・医療関係)
「医師の父が博識で惚れました!」(52才・パート)

第8位『ロミオの青い空』(1995年)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング