1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

9月に強い騎手を検証「中山開催、田辺裕信は買い。特に芝で牝馬は◎」

NEWSポストセブン / 2021年9月10日 16時5分

9月に強い騎手の特徴は?(イメージ)

 誰もが夢見る“馬券生活”。「JRA重賞年鑑」で毎年執筆し、競馬を題材とした作品も発表している作家・須藤靖貴氏も、馬券生活を夢見て日々、競馬の研究に勤しんでいる。そんな須藤氏が、万馬券ゲットのために9月に強い騎手を検証する。

 * * *
 セプテンバー・ソングは映画『旅愁』(1950年アメリカ)の挿入歌。時を経て一般名詞化し、夏を顧みる切ない心情を綴る歌である。日も短く涼しくなり、ギラギラと愉しかった日々を思い返して感傷的になる。腕の日焼けに夏の名残りを感じてしまうのだった。

 この9月はどうだろう。2021年の夏、日本中がバタバタし過ぎた。私はどこへも行かず誰にも会わず、独酌率100%。季節を問わずにメランコリックである。でもまあ、とにかく秋は明るく行きましょうや。秋競馬的中で感傷を吹っ飛ばせ!

 ということで、特に9月に強い騎手ってのは? と思ったのである。例によって「JRA-VAN TARGET」を使い、ジョッキー30名を対象に、ここ5年の9月のレースのデータを取ってみた。単勝回収率(単回)と複勝回収率(複回)を比較すると、わりとあっさり傾向が出た。

 田辺裕信がいい。単回・複回が(115円・102円)。リーディング常連陣のルメール、川田、福永、松山、戸崎、吉田隼、武豊らはどちらも100円未満。他では単回の100円超えは幸(108円・50円)くらいだった。

 田辺は特別レースだと(126円・93円)。9月に彼の成績を優越する騎手は見当たらない。

 田辺の月別成績をみると、総じて優秀ではあるもののやはり9月がいい。単回・複回ともに100円を超えるのは9月のみ。田辺には中山巧者のイメージが強く、「待ってました、9月の中山!」かと思ったが、やはり(98円・98円)と堅実。

 弾けているのが新潟である。5年で47走と分母は大きくないものの(194円・121円)、特に芝では(286円・141円)。特別レースに限っては(516円・190円)。この期間での田辺の新潟騎乗のトータルは(98円・91円)、特別戦で(156円・112円)と良いわけだが、7、8月と比べると9月が図抜けている。

 ちなみに、以前に騎手と馬番の成績データを取ったことがある。田辺は【1】と【6】に入ると単回、複回が他番(【16】まで)のときよりもぐっと上がり、それぞれ(128円・93円)、(160円・91円)だった。これが【2】だと(53円・62円)となる。【1】と【6】は彼にとって相性の良い馬番と言えそうだ。

 ということで、もののついでに「9月、新潟、馬番【1】か【6】」という超限定下ではどうだったか。ともに4回ずつで【1】は(0円・0円)、【6】は(0円・42円)でした。

 新潟開催は終わったので、中山での田辺の手綱に目を向けてみる。9、10月は(98円・101円)。特に芝では(103円・105円)。さらに牝馬だと(165円・156円)。「9月10月の中山開催、田辺は買い。特に芝で牝馬は◎」と言っていいようだ。

【プロフィール】
須藤靖貴(すどう・やすたか)/1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング