新エコカーで新車の価格差回収は非現実的と女性FP指摘

NEWSポストセブン / 2013年1月29日 7時0分

 2012年12月期のブランド別新車乗用車販売台数ランキングによると、1位がアクア(トヨタ)、2位にプリウス(トヨタ)、3位ノート(日産)、4位フィット(ホンダ)、5位インプレッサ(スバル)とある。この順位を見ると、依然、コンパクトカーと呼ばれるブランドの人気が高いことが分かる。(社団法人日本自動車販売協会連合会調べ)

 販売台数トップ5にランクインしているアクア(トヨタ)、ノート(日産)、フィット(ホンダ)の3ブランドは、買い物や家族の送り迎えなど日常の足としての便利さや、駐車スペースがコンパクトであること、いずれもエコカー減税が適用されることなど共通点も多く、比較検討されることが多い。

 世界一の低燃費を誇るハイブリッド車のアクア グレードS(トヨタ)、フィットブランドの特徴である室内空間の広さが特徴的なフィット ハイブリッド ベースグレード(ホンダ)。そして、2013年RJCカーオブザイヤーを受賞し、国内自動車メーカーで初めて女性が開発責任者であることも話題になり、昨年8月にフルモデルチェンジして以来ガソリン登録車販売台数1位を続けているノートX DIG-S(日産)の3種類について、購入するとしたら、それぞれどんな違いがあるのか比較してみよう。

 3つのコンパクトカーの本体価格をみると、ノートが149万9,400円(税込み)、アクアが179万円(税込み)、フィットが159万円(税込み)と価格に大きな違いがある。ノートとアクアにいたっては、差額が29万600円と開いている。

 では、3車種の維持費用に違いはあるのか。

 一般的に、日本人の自動車平均走行距離は1万キロ/年と考えられているので、1万キロ走る場合、1年にガソリン代がいくらかかるのかを3車種で試算してみた。ガソリンの価格は148.8円/1L(2013年1月7日付 資源エネルギー庁調べ)としている。

【1年間にかかるガソリン代金】 
※148.8円/1Lで1万km走った場合
※燃費はJC08モード

●日産 ノート 燃費24km/L →6万2000円
●トヨタ アクア グレードS 燃費35.4km/L →4万2034円
●ホンダ フィット ハイブリッド 燃費26.4km/L →5万6364円

 比較するとアクアの燃費の良さが際立つが、この違いに惑わされてはいけないと、家計改善プログラム「家計ブートキャンプ」などを実践しているファイナンシャルプランナーの豊田眞弓さんは言う。

「燃費だけで判断はできません。この3車種を比べた場合、イニシャルコスト(導入費用)の差額が大きいですよね。もっとも高いアクアとノートでは30万円近く違う。差額をランニングコストで取り戻そうとすると、どのくらいかかるのか考えてみましょう」

 上で計算した一年間にかかるガソリン代で、ノートとの本体価格の差額を割ってみた。すると、びっくりするほど長い年月をかけないと、ガソリン代で差額は回収できないとわかった。

【本体価格の差額を燃費で回収する場合】
本体価格差額/ガソリン代の差額/差額を回収できる期間
●トヨタ アクア 
29万600円/1万9966円/14.6年
●ホンダフィット 
9万600円/5636円/16.1年

「車検や税金、保険など色々とありますが、わかりやすく考えるためにシンプルに比較してみました。10万円単位で違うと、取り戻すのは大変ですね。自動車はおよそ10万キロ乗れば耐久年数を迎えると言われています。1年に1万キロ走るなら、乗り続けるのは10年。エコカー減税の適用割合も3車種とも同じですし、ランニングコストで差額を回収するのは難しいですね。

 家やマンションの購入と同じように、自動車という大きな買い物には価格だけではなく“満足”という側面もあるので、コストだけでは決められない面もあります。それでも、住宅の場合は35年ローンを支払い終えても価値がゼロになっていることはあまりないですが、自動車の場合は長期にわたって乗り続けると価値がほとんどなくなります。消費税が上がりそうだからと慌てず、落ち着いて検討してください」(豊田さん)

 ブランド別新車乗用車販売台数ランキングの上位にはハイブリッド車の名が並んでいる。比較したなかで唯一のガソリン車、ノートX DIG-Sは走行場面にあわせてエンジンのパワーを切り替えることで、力強い走りと低燃費の双方を実現するエコ スーパーチャージャー機能を搭載している。

 流行に安易に身をまかせるのではなく、自分の自動車の乗り方と費用について落ち着いて考え、満足がいく買い物をしたい。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング