1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

巨人の育成選手が一般人の親子に突然暴言「野球なんかしてもつまんねえぞ」 球団は謝罪

NEWSポストセブン / 2021年9月14日 17時5分

保科広一選手には子供に夢を与える野球人になってほしい(巨人の公式サイトより)

 電撃加入した中田翔(32)ら大物選手の成績ばかりに話題が集まる巨人だが、育成出身選手の躍進を見逃してはならない。巨人では育成初となる規定打席到達と二桁本塁打がかかる松原聖弥(26)を筆頭に多くの選手が支配下契約を勝ち取り、スター軍団の中で異彩を放っている。

 そんな“育成の星”がトラブルを起こしていた。2020年育成ドラフト11位で入団した外野手の保科広一(23)だ。

「高い身体能力で知られる選手で、遊学館高校(石川県)の2年生時には甲子園にも出場。大学3年生の時にはリーグ戦でベストナインとMVPに輝きました。本来、育成選手は三軍で身体作りが基本ですが、ルーキーながら二軍に帯同し、一時は打率が3割を超えるなど“育成の星”松原に続く一軍候補と期待されている選手です。阿部慎之助二軍監督も同じ左打ちの大砲候補として、マンツーマンで打撃指導を行なうなど大きな期待を寄せています」(スポーツ紙デスク)

 トラブルが起きたのは7月13日、東京五輪によるリーグ戦中断前最後のヤクルトとの二軍戦(戸田)の試合後だった。

「球場から寮に戻る途中、キャッチボールをしていた親子を見かけた保科は、いきなり少年に向かって、“野球なんかしてもつまんねえぞ”という言葉を投げかけたそうです。保科は冗談のつもりだったそうですが、親子はまさか巨人のユニフォームを着た選手から野球を否定するような暴言を吐きかけられるとは思わなかったのでしょう。その後、少年の親が球団に抗議を入れる事態となりました。巨人も『紳士球団にあるまじき行為』と、平身低頭謝ったと聞いています」(球団関係者)

 巨人に取材すると、文書で回答があった。

「当球団に所属するファームの選手が試合終了後の帰路、一般の方に対して不適切な発言をした事実が確認されたことから、本人及び球団の責任者が相手の方に謝罪をした上で、本人を一定期間、対外試合に出場させないこととするなど反省を促す指導を行ないました。球団として、あらためて相手の方に深くお詫びいたします」(広報部)

 自身の発言を猛省し、野球少年が憧れるようなスーパースターになってほしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング