1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

筧利夫・59歳が挑戦する「ワークマンコーデ」 アクティブに変身

NEWSポストセブン / 2021年9月24日 16時5分

街にも溶け込むアクティブウェアが豊富

 アパレル業界で目下好調なのがワークマン。作業着というイメージが圧倒的に強かったが、機能性の高さなどが話題になり、順調にファンを増やしている。俳優の筧利夫もワークマンの愛好家だ。

「僕が普段着るのはジャージばっかり。中学の頃からアディダスを愛用しています。家にいる時も、毎朝のウォーキングもジャージ。最近はコロナで外食にも行かないから、本当にジャージ一辺倒。

 今でこそ若者に人気のワークマンですが、少し前までは作業着とか鉄板入り安全靴のイメージでしたよね。僕も若い頃にドカジャンを着ていたけれど、今思えばあれもワークマンで買ったんじゃないかな。ワークマンの魅力は、いろんな機能が詰め込まれた服やギアが並んでいること。今でも時々ふらっと立ち寄っています」

 そんな筧が。ワークマンでいろいろなコーデに挑戦。アクティブに変身した。

【街で映えるセットアップ】

 ストレッチの効いた生地のスポーティなセットアップ。インナーにTシャツではなくポロシャツを合わせて落ち着いた雰囲気を演出。ジャケットはリバーシブルのうえフードも付けられ、オンでもオフでも使える。SOLOTEX使用リバーシブルワークスーツジャケット(2900円)、コットンジャージーオーバーサイズ半袖ポロシャツ(980円)、SOLOTEX使用2WAYワークスーツパンツ(1900円)

【アクティブな雨の日コーデ】

 透湿防水素材「ブリザテック」採用のレインジャケットと、防水性と伸縮性をあわせもつデニムパンツの組み合わせ。雨の日の街着としてはもちろん、釣りなどのマリンスポーツでも大活躍。ブリザテックレインジャケット(5800円)、ヘビーウエイトコットンオーバーサイズ長袖Tシャツ(980円)、4D防水STRETCHデニムパンツ(3900円)

【キャンプのマストアイテム】

 長袖Tシャツと動きやすいパンツに、難燃加工のアウトドアエプロンをプラス。エプロンはバーベキューや焚き火の際の火の粉が気にならないうえ、ポケットに道具を入れておけるのでテント設営時にも便利。アウトドアエプロン(2300円)、ヘビーウエイトコットンオーバーサイズ長袖Tシャツ(980円)、超撥水シェフパンツ(1500円)、シェードハット(1280円)、防水サファリシューズ(1500円)

【プロフィール】
筧利夫(かけい・としお)/1962年生まれ、静岡県出身。劇団☆新感線を経て劇団第三舞台に参加。1997年から出演した「踊る大捜査線シリーズ」で注目されて着々とキャリアを築き、舞台、ドラマ、映画などで幅広く活躍する。

撮影/植野淳

※週刊ポスト2021年10月1日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング