1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

夢の馬券生活 武豊も「最も大事」と語る「運」を呼び込む方法を考える

NEWSポストセブン / 2021年10月2日 19時5分

「運」の呼び込み方を考察(イメージ)

 誰もが夢見る“馬券生活”。「JRA重賞年鑑」で毎年執筆し、競馬を題材とした作品も発表している作家・須藤靖貴氏も、馬券生活を夢見て日々、競馬の研究に勤しんでいる。そんな須藤氏が、「運」を呼び込む方法について考えた。

 * * *
 目当ての馬がハナ差4着なんてのはしょっちゅう。ツイてないと舌打ちして次のレースへ向かうわけだが、そもそもツキ=運ってなんだ? と考えた。秋の夜長だし。

 定義は「物事を成就させる成就させないかの、巡り合わせ」(新明解)。「その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせ」(Wikipedia)というものも。なるほど、こっちの意思は馬券購入まで。レースは見守ることしかできない。

 でも、その巡り合わせをコントロールできないものかと思うのも人情だ。巷には「運を味方にするコツ」「強運の法則」なる話が数多ある。

 スポーツ紙友人からの又聞きだが、武豊ジョッキーは四半世紀前に「(レースに勝つために)必要なのは技術、知恵、運」と話し、最も大事なのは「運」と断じたという。技術と知恵は当然の前提という第一級の感覚だろうか。

 私のような凡人にも、運を呼ぶためにできることもある。気構えだ。「謙虚さ」(米長邦雄・元将棋名人)、「感謝の気持ち」(松下幸之助)、そして「明るさ」(司馬遼太郎)。笑顔が大事というのはどの文献、ネット情報にも共通している。なるほど武さんには全部あるなぁ。

 令和の今。勝負の世界で輝く若き三傑は、大谷翔平、久保建英、将棋の藤井聡太だろうか。圧倒的な努力の熱量に加えて、運を引き寄せる条件がそろっている感じ。みんな笑顔が良いよね。

 話は逸れるけど、総裁選から身を引いた前総理にはすべてがなかった。特に謙虚さ。言葉を尽くす丁寧さ皆無。国民をナメていた。自ら運を放棄する人が国のかじを取っていたとは。

「運」で思い出すのは勇退した角居勝彦・元調教師への取材である。師は運を信じた。「人間として運気が逃げるようなことはしない」と。ウソをつくとか約束を破るとか、仕事の手を抜くとか。自分の胸に翳りがあると馬の走りにも影響するのではと。ゲン担ぎ以前に、人間としてのまっとうな立ち居が大事というわけである。

 さらに忘れがたい言葉は「人間のできる最高の美徳は我慢」。馬は人の4倍のスピードで成長するからフィジカル面ではかなわない。馬の上を行くにはメンタルの充実しかない。日々のさまざまな事柄に決してイラつかず、大目に見る。寛容も我慢に含まれるだろう。

 ということで、運気を上げる方策に「我慢」を追加したい。これを政治屋に強いられるのは我慢ならぬが、自分が決めて実行するならば運も巡ってきそうじゃないか。要は気構え。今、この瞬間に変えることができる。

 競馬を愉しめることに感謝。秋のGI戦線に勝ち名乗りを! きっと良いことあるさ。

【プロフィール】
須藤靖貴(すどう・やすたか)/1999年、小説新潮長編新人賞を受賞して作家デビュー。調教助手を主人公にした『リボンステークス』の他、アメリカンフットボール、相撲、マラソンなど主にスポーツ小説を中心に発表してきた。「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆。

※週刊ポスト2021年10月8日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング