1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

国民軽視の失言を繰り返した9議員 次の総選挙で当選させていいのか

NEWSポストセブン / 2021年10月5日 11時5分

有権者は彼らの失言を忘れていない(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)

 自民党総裁選が終わり、約1か月後には総選挙が行なわれる。総裁選には投票できなかった全国の有権者が「1票」を行使して、政治に物言うこととなる。

 総選挙で投票したい候補がいないなら、有権者が「ためにならない」と考える政治家を懲らしめる方法がある。それが落選運動だ。一言で言えば、国民が候補者の素行や過去の言動をチェックしてその事実を他の有権者に広く知らせ、当選させないようにする。やり方は、ネットやSNSでもいい。落選運動なら国民はいつでも政治家に「落選させるぞ」と主権者の力を示すことができるのだ。

 主権者である国民が思い上がった政治家に「1票」の力を見せつけるために、選挙前に「あの時の怒り」を思い出しておきたい。

〈和気あいあいの中、若手議員も気さくな写真を取り放題! 正に自由民主党〉。そんな言葉を覚えているだろうか。

 2018年7月の西日本豪雨のさなか、自民党議員たちが開いた宴会「赤坂自民亭」の写真をツイッターに投稿した、当時官房副長官だった西村康稔氏の書き込みである。

 宴会は、記録的な大雨となる恐れがあると避難を呼びかけた日の夜に東京・赤坂の衆院議員宿舎で開かれた。40人以上が参加したとされ、写真にはそのうち安倍晋三・首相(当時)と岸田文雄・新総裁を真ん中に、赤ら顔でコップを手にした20人以上の議員が写っている。中でも上川陽子氏は赤坂自民亭の「女将」、小渕優子氏が「若女将」と呼ばれていた。

 この時の豪雨は岸田氏の地元・広島を中心に全国で200人以上の死者を出した。

 その岸田氏と総裁選を争った河野太郎氏も防衛大臣時代の2019年10月、相次ぐ台風被害のさなか、「私はよく雨男と言われました。私が防衛大臣になってすでに3つ」と発言して謝罪した。

 政治利権に絡むとんでもない忖度発言もあった。麻生太郎氏の元秘書で国交副大臣だった塚田一郎氏は、関門海峡をまたいで麻生太郎氏の地元・福岡と安倍氏の地元・山口を結ぶ巨大公共事業「下関北九州道路」について、「安倍首相や麻生副総理が言えないので、私が忖度して新年度予算で国の直轄事業に引き上げた」と発言。批判を浴びて2019年参院選で落選したが、懲りずに次の総選挙に新潟1区から出馬予定だ。

 この年は、長期政権の緩みから閣僚や政務3役の心ない発言が続出した。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号

?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング