1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【新刊】ブレイディみかこ氏の新著など、秋に読みたい注目の4冊

NEWSポストセブン / 2021年10月16日 7時5分

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』

 秋の夜長、読書に勤しむのも楽しみ方の一つ。涼しくなってきて、気持ちのいいこの季節におすすめの新刊4冊を紹介する。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』
ブレイディみかこ/新潮社/1430円

 教育は成果が出るまで時間がかかる。成果とは偏差値なんかじゃない。人間形成のこと。子供の可能性を信じ、さまざまな取り組みをする英国の公立校のあり方を描いた前作は80万人の感動を呼んだ。続編である本書でもリサイクル、ノンバイナリー(性別を規定しない生き方)、学校委員の選挙、音楽祭などを通して個が成長するとはどういうことかを瑞々しく描く。また落涙。

『一人飲みで生きていく』
稲垣えみ子/朝日出版社/1694円

 旅行と食事は男連れで。と豪語する友人がいて、なんて不自由な、と思ったことがある。とはいえ女性の一人飲みはハードルが高い。この壁に挑んだ体験記で、試行錯誤のすえ掴んだ12カ条の極意を披露する。自分を大きく見せない、スマホを出さない、料理と酒に集中して味わう、感謝を伝えるなど。ミニマム生活を実践、冷蔵庫を持たない著者の家飲み用つまみに目を奪われる。

『批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く』
北村紗衣/ちくま新書/902円

 どうやったら批評文が書けるようになるか。カルチャーセンターに通わなくてもそのコツが体得できる。でも批評文を書きたい人ってどれだけいるの? 批評は対象(文学や映画、スポーツなど何でも)を他者と楽しくシェアするコミュニケーションの一種とあり、ナルホドと膝を打つ。一本の映画を巡って教え子とする批評合戦が実践的。情報と批評のバランスが読者を誘い込む。

『きみはだれかのどうでもいい人』
伊藤朱里/小学館文庫/792円

 県税事務所は市民に逆ギレされるストレスフルな職場。そこで働く25才で主席入庁の中沢環、環の同期で心の病を経て復帰した染川裕未、彼女達の母親世代であるパート勤務の田邊陽子、児童相談所に異動する堀主任が4章を紡ぐ。どの章にも出てくるのがトロくてノロいイノセントな須藤深雪。彼女を写し鏡に、虚勢を張らなければ自己が保てない現代をヒリヒリと考えさせる。

文/温水ゆかり

※女性セブン2021年10月28日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング