200円弁当儲けの秘密 人気の白身魚フライ弁当は原価123円

NEWSポストセブン / 2013年2月6日 7時0分

 デフレ時代のいま、「270円居酒屋」など、世の中には低価格でも「どうして潰れないのか」と疑問に思うビジネスが多いものだ。

 そんな不況に強い様々な業種や商品の“儲けのカラクリ”を探ってみると、思わず膝を打つような利益を出す仕組みがあることが判明した。

 ここでは低価格化が進む弁当チェーンについて。

 最近は200円台で買える弁当も珍しくない。都内で「200円弁当」を販売している店舗の店主にも、原価について聞いてみた。

「うちのチェーンは原価の目安を6割に設定している。米や野菜以外はすべて外国産。一番人気の『白身魚フライ弁当』は、ごはん40円、のり10円、白身魚フライ20円、コロッケは中国産で13円、スパゲティ20円、野菜炒め10円、漬け物10円で合計は123円」

 容器代と人件費を加えても10円以上の利益がある。メインの商品は揚げ物がほとんどで、中国で既に作られ冷凍された物を大量に仕入れているという。

※週刊ポスト2013年2月15・22日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング