1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

小室佳代さんの不正受給疑惑 偽名、給料…全てを知る飲食店経営者が告白

NEWSポストセブン / 2021年10月28日 16時15分

佳代さんが働いていた軽井沢の喫茶レストラン経営者が語る

 眞子さんと小室圭さんは、婚約内定会見から4年の時を経て、10月26日にようやく結婚が実現。しかし、小室さんの母・佳代さんが抱える金銭トラブルは未解決だ。さらに佳代さんには、夫が亡くなってから遺族年金を受給していたものの、実際には事実婚の相手がいたこと、さらに勤務先から傷病手当を受けながら、別の店で働いていたことの2つについての「不正受給疑惑」もある。

 佳代さんが働いていた別の店とは、知人が経営する軽井沢にある喫茶レストラン。彼女はホールやバックヤードで働いていたという。佳代さんの知人によれば、佳代さんは同店で偽名を使っており、お店の人からは“あーちゃん”と呼ばれていたとのこと。正社員として勤務していた都内の老舗洋菓子店からは適応障害を理由に休み、傷病手当を受け取りながら、別の場所で働いていたのだ。

 すべてを知っているはずの喫茶レストランの経営者の女性は、どう答えるか。まず、店で働いていたかどうかについて聞けば、

「ホールに出ていたときもね、バリバリ働いてもらっていたわけじゃないわよ。佳代さんは気遣いのかただから、『ママ、運びましょうか』と私に言って自分から手伝ってくれただけです。給料なんかまったく渡していません。2階にいながら、営業中の下の階が大変そうに聞こえたら下りてきて手伝うくらいの感じよ。

 確かに『周りの目は大丈夫かしら』と気にしたこともあったけど、『やましいことなんて何にもないから、普通に堂々と生活すればいいのよ』と伝えました」

 と言う。佳代さんには頼もしい存在であろう。しかしそこまで言うなら偽名を使う必要はなかったのではないか。

「ああ……“あーちゃん”って呼んでいたこともあるかもしれません……。でも隠すためじゃなくて、守るためよ! あーちゃん以外にも、あと2つか3つ違う名前を付けて呼んだりもしていたわ。頭文字で“Kさん”と呼んだりね」

 頭文字のKさんだと、図らずも息子の圭さんと同じ音になるのだが……。そして最後に、「警察だろうが検察だろうが、誰が来たって私は全然平気よ」と、自信に満ちた言葉を残した経営者の女性。給料を渡していない、ということを一貫して語っていたが、厚生労働省保険局によれば、

「ほかの場所で同じようなお仕事をされている場合は、そこで報酬を受け取っているかいないかに関係なく、その事実をもって医療保険者(※加入している団体)が支給の可否を再検討することはあります」

 とのこと。結婚や会見などでは区切ることができない問題が、いまなおくすぶり続けている。

※女性セブン2021年11月11日・18日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング