1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

新・朝ドラヒロイン上白石萌音「ふんわりワンピ」で隠した努力の賜物

NEWSポストセブン / 2021年11月8日 7時15分

上白石萌音の姿を目撃

 大きな黒のバッグから、かわいいイラストが書かれた小さなポーチを取り出しながら駐車場を歩いてきたのは、ミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」の出演を終えたばかりの女優・上白石萌音(23才)。ふんわりとした大きめの紫のワンピースが似合っている。11月1日からはヒロインの一人を演じるNHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」もスタートする、今、最もノッている若手女優である。

 多くのタレントを担当するベテランスタイリストは「秋らしい落ち着きのあるファッションで、かつ小柄な萌音さんに良く似合う型のオールインワンですね」と称賛した。

 広瀬アリス(26才)&広瀬すず(23才)と並ぶほどの人気姉妹女優になりつつある萌音と妹の萌歌(21才)。

「顔も似ている姉妹ですが、1つ大きな違いがあるんです。身長差が、妹の萌歌さんの163センチに対して、萌音さんは152センチと10センチ以上の差があるんです」(前出・スタイリスト)

 ただ、それこそが萌音がブレークした一因でもあるという。出世作といえば、昨年1月クールのゴールデン・プライムタイムの連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)。ある芸能リポーターは「当代きってのイケメン俳優の佐藤健さん(32才)にドキドキする、女性視聴者と等身大のヒロインを好演したことが、内外で評価を高めました。佐藤さんは身長170センチとそれほど高身長ではありません。萌音さんの小柄さが、かっこよく壁ドンをされるヒロイン役として、まさにピッタリだったのです」と振り返った。

 あっという間に大ブレークして、ついに全若手女優の憧れの“朝ドラヒロイン”まで射止めた彼女。前出の芸能リポーターは「萌音さんは、会見やラジオ番組のトークなどで、いつも自信のなさを口にしていますが、ドラマ関係者の間では、台本覚えや役作りでのストイックさ、努力家な面も高く評価されています。低い身長という面もしっかりと個性に昇華させていて、今後もいろんな役が舞い込んでくるでしょう」と話した。

 冒頭のふんわりとしたワンピースは可愛らしい彼女を象徴する姿だが、その裏では並々ならぬ努力が隠れている。

 ソロ歌手としても6月に2ndアルバム「あの歌」を発売して、「木綿のハンカチーフ」や「世界中の誰よりきっと」など懐かしのヒット曲をカバーして話題になり、10月13日には1stシングル「I’ll be there/スピン」もリリースした。9月に発売した初エッセイ集「いろいろ」も累計7万部とヒットと、多彩な才能を発揮し始めている。

 待望の「カムカムエヴリバディ」では、深津絵里(48才)、川栄李奈(26才)とリレー形式でヒロインを担当する。さらに朝ドラ放送中の来年2月には、舞台「千と千尋の神隠し」(帝国劇場ほか)で、橋本環奈(22才)とダブルキャストの主演を果たす。まさに充実の半年に突入。さらに人気が上がることは間違いなさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください