占星術師が教える運気UP術 明るい服ときれいな靴を選ぶべし

NEWSポストセブン / 2013年2月11日 16時0分

 いよいよ2月14日に迫ったグリーンジャンボ宝くじの発売。高額当せんを手にするために“強運”が必要なのは言わずもがな。

「宝くじに当せんする強運を手に入れたいなら、運がいい人のライフスタイルを真似するのがいちばんです」

 こう話すのは、『恋もお金もわしづかみ! 「強運体質」になる 7days マジック』(大和出版)の著者で、西洋占星術師のKeikoさん。

「初めて買った宝くじで高額当せんしたり、身ひとつで起こしたビジネスで成功したりといった、運がいい人の話を私はこれまで100以上聞いてきました。そういう人たちの暮らしぶりには、実は2つの共通点があるんです」(以下、「 」内、Keikoさん)

 Keikoさんは、明るい服をチョイスすることがくじ運を上げると指摘する。

「古代ヨーロッパの時代より吉凶を占う際に用いられた西洋占星術では、惑星や天体などを配置して占い結果を導き出す『ホロスコープ』という円盤形の道具を使います。『ホロスコープ』では、くじ運を司っているのは“太陽”。太陽に近い暖色系の色︱オレンジやピンク、イエローなど明るい色を身につけると、くじ運を引き寄せることができます」

 そして、成功者は靴がきれいとKeikoさんは言う。

「運がいい人の自宅を訪れるといつも感じるのは、みなさん必ず玄関回りをきれいにしているということ」

 Keikoさんによると、街はあらゆる邪気が渦巻いている場所。それをそのまま家に持ち込んでしまうと、運気が下がってしまうという。

「玄関回りをきれいにするだけでもだいぶ邪気をやわらげることができますが、成功者のみなさんは、それに加えて靴がピカピカなんです。聞くと、その日に履いた靴は必ず手入れをしてからしまっているんだとか。よく『おしゃれは足元から』といいますが、まさに『くじ運も足元から』なんです」

※女性セブン2013年2月21日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング