座りションしない夫に妻注意 夫は「オレは日本男児」と反論

NEWSポストセブン / 2013年2月11日 16時1分

 惚れたはれたで一緒になったものの、いざ生活をともにしてみると、次々と気に入らないことが。時間がたてば慣れるかと思いきや、不満は募る一方で…。そんな妻たちの共感を呼んで好調のドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)。

 でも実際の夫婦の本音とは? 現実の夫婦を直撃してみると…。

 夫婦間の不満でもっとも多かったのは「家事に関すること」。妻が仕事を持っていてもいなくても、やはり毎日のこととなると、すぐ目がいくのが「家事」だからだ。恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみさんが言う。

「男女ともに、料理系や家事系の不満が多いです。夫からすれば、妻にもっと家事をしっかりしろと言う。でも妻側からみると、その3倍くらい夫に家事を手伝ってほしいと思っている。お互いに相手の気持ちを理解できていないので、夫婦はどんどん不満を溜め、すれ違っていくのです」

「何度注意してもきかない」と怒るのは、公務員の鈴木雅子さん(仮名、43才)。夫がトイレで用を足すと、便座も上げっ放し。ふたも開けっ放し。おまけに年をとってきたせいか、床や便器に尿が垂れていることも…。

「口を酸っぱくして言ってるのに、夫はどこ吹く風。この前ついに、私がトイレに入ったときに、音を立てて思いっきり便座を下げてやったんです。

 困るのは尿が垂れていても知らん顔をしていること。私が気づいてないと思っているんでしょうが、においますからね。汚いったらありゃしない。5才の息子には『1歩前に出てするのよ』と注意しますが、今さら夫には言えません。言ったら『おれが年なのか』ときっとケンカになりますから」

「『立ってすると、しぶきが跳ねるので座ってして』って言うと、『おれは日本男児。沽券にかかわる』とか言って、絶対に座らない。あんたのプライドなんてどこよ。沽券じゃなくて股間の問題よ!」(48才、主婦)

※女性セブン2013年2月21日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング