1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

佐々木希、4年ぶりの連ドラ主演で「渡部建の専業主夫化」が進む

NEWSポストセブン / 2021年12月2日 19時15分

大きく手を振り歩く佐々木希

 女優の佐々木希(33)が11月30日、ミニスカートにロングブーツを合わせたコーディネートをInstagramで披露した。“絶対領域”がまぶしい美脚ショットに対して、〈脚長すぎん?!?!〉〈昔のギャルっぽさが感じられて良い〉と称賛のコメントが寄せられている。さらに佐々木は、1児の母親とは信じられないスタイルの“腹チラ”や、丸メガネをかけた新鮮な姿も公開。ネット上では〈これだけ美人なのに渡部となぜ離婚しないんだ〉と不思議がる声も上がっている。

 最近、佐々木はますます大活躍で、来年1月期放送のドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京)で主演することが決定。佐々木が連ドラで主演を務めるのは、実に約4年ぶりのこと。今秋上演された『醉いどれ天使』で6年ぶりの舞台出演を果たしたことも記憶に新しく、女優としての活動を本格化させている。

 それだけに、佐々木は夫であるアンジャッシュ渡部建(49)の仕事復帰を急いでいないようだ。

「むしろ仕事復帰ができない渡部さんが、必然的に主夫業を受け持つことで、佐々木さんは9月の出演舞台で大阪公演にも出張。最近は友達と食事に出掛けたり、先日は故郷の秋田へ里帰りしていました。バリバリと仕事をこなして、自由な時間も得られて、いまはいい流れなのだと思います。佐々木さんは“(渡部が)復帰したら、また遊ぶかも”という危惧さえもしているようですね」(佐々木を知るヘアメイク)

 結婚した当時(2017年)のインタビューを見る限り、佐々木は渡部にメロメロ。女性向けファッション誌『with』2017年6月号では、「生まれて初めて、“泣き笑い”っていうのを経験しました(笑)」と語っている。

「ストレートにプロポーズされて、『なにそれ、ウケる!』って笑ってたのに、自然にツーッと涙が?を伝っていました。自分でも、『あれ? 私、今嬉しくって泣いてる?』って不思議でした。で、『しょうがないなぁ』って、泣き笑いしながらOKしました(笑)」

 同インタビューではほかにも、「彼の陰の努力を見ていると、とにかく頭が下がります」「向こうは常に穏やかなので、一緒にいるとそのイライラがスーッと消えて、穏やかな気持ちになれます」とも語っていた。

 当時のときめきがあったからこそ、渡部のスキャンダルが発覚しても即離婚とはならなかったのだろう。いまや一家の大黒柱となった佐々木。オーバーワークにはくれぐれも気をつけてもらいたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください