西島秀俊“板チョコ”肉体に視聴者「いつ脱ぐの?」と大興奮

NEWSポストセブン / 2013年2月14日 16時0分

 最後まで武士道を貫き、徳川幕府のために命を懸けた会津藩の武士たちは、その夜、現世によみがえり、宴を催していた。

「オレの“切腹”のシーンがカットされてたよ~!」

 こんな嘆きの声が響きわたると、一緒にいた仲間たちは大爆笑、酔うごとに宴は盛り上がった。

 2月上旬、都内の隠れ家的焼肉店に集まったのは、NHK大河ドラマ『八重の桜』で会津藩の武士を演じる面々。

 藩主の松平容保役の綾野剛(31才)、玉山鉄二(32才)、池内博之(36才)、斎藤工(31才)ら家臣たち、そして綾瀬はるか(27才)演じる主人公・八重を温かく見守る兄・山本覚馬を演じる西島秀俊(41才)の姿もあった。

 初回視聴率21.4%を記録、その後も高視聴率を続ける『八重の桜』。主演・綾瀬の活躍もさることながら、人気の要因となっているのが西島の存在だ。

 特に第3話で披露したムキムキボディーは、視聴者の心をギュッとつかんだ。放送後、ネット上では、次々とこんな声が。

<ムキムキ上半身見て思わずよだれが出てしまった>
<もういつ脱ぐかいつ脱ぐかと気になって仕方ない>

 西島が出演した映画『セイジ-陸の魚-』でメガホンを取った伊勢谷友介(36才)が、西島の体を“板チョコ”と称賛するほどバキバキなのだ。

※女性セブン2013年2月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング