松居一代の生命保険は合計10億円 掛け金は毎月260万円

NEWSポストセブン / 2013年2月20日 7時0分

 カリスマ主婦として数々のベストセラーを出版し、さらに多くの主婦向け商品をプロデュースする松居一代(55才)。一部では、夫である船越英一郎(52才)の5倍以上の年収があるとも言われているが、毎年2月に遺言書を書いているとブログで明かした。

 遺産相続は本来であれば、民法で定められた法定相続人の順位に従って分配され、一般的には配偶者に半分、残った半分を子供たちで均等に分け合うことになる。

「でも彼女の場合、施設に寄付することも考えているようで、それによって夫や子供の受け取り額も変わる。だからこそ、自分に万が一のことが起こったときにどうするか、ということを遺言書にしっかりと記しておかないといけないんです」(松居の知人)

 彼女の遺言書の中身が気になるが、松居と親しいある芸能関係者は、葬式の方法やお墓の種類、不動産資産などの遺産分配まで、細かく記入してあると本人から聞いたことがあるという。

「しかも遺産の分配に関しては、“通常はAさんに何割、Bさんに何割”としか書かないものですが、彼女の場合は“なぜAさんはその割合になるのか”という細かい理由まで書き込んでいるそうです。松居さんは“全てを平等に分配できるわけではないし、受け取ったひとりひとりが納得できるような理由を書きこめば、無用なトラブルを避けることができるから”と言っていました」

 いかにも松居らしい用意周到ぶりだが、さらに彼女の周到ぶりを示すものがある。彼女自身が入っている生命保険なのだが、合計額はなんと10億円にもなるというのだ。

「その保険のために毎月260万円ほどの掛け金を払っているそうです。それを払えるだけの収入があるというのがすごいですよね。さらに、その10億円の分配の仕方についても、遺言書には細かく記載しているそうです。具体的な中身については、船越さんも含め、家族の誰も知らないみたいですけどね」(前出・芸能関係者)

 巨額の冨を持つ実業家としての素顔とその遺言書について話を聞くべく、松居本人を直撃したところ、「まぁ、いろいろありますけど、ご想像に任せますよ」と笑うばかりだが、一方で商品プロデュースで莫大な収入があることは認めた。

「おかげさまで私が命をかけて作り上げたプロデュース商品をたくさんの主婦の皆様にご購入いただいております。本当にありがたいことで、これからも決して妥協せず、主婦の皆様に喜んでもらえる商品を作り続けていきます」

※女性セブン2013年2月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング