高嶋政伸と従兄弟の高嶋ちさ子 親戚関係は何年も断絶状態に

NEWSポストセブン / 2013年2月21日 16時0分

 鮮やかな青いプラダのスーツケースは日本未発売のもので値段は30万円ほど。その中には、一点もののコンサートドレスや高級靴など貴重な私物が入っていて、被害総額は100万円にものぼるという。

 2月3日、地方公演からの帰りの新幹線内で、バイオリニストの高嶋ちさ子(44才)は、そんなスーツケースを盗まれた。2月10日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、直撃電話取材を受けたちさ子は、「(犯人が)どんな理由で持っていったのか知りたいです」「間違えて持っていっちゃったんだったら、早く持ってこい!」などと怒りをぶちまけた。

 そして最後におまかせ取材班が「大きななくし物をした高嶋政伸さんについては何かありますでしょうか?」と質問。高嶋政伸(46才)は、ちさ子の従兄にあたる。政伸の父・高島忠夫(82才)の実弟がちさ子の父という間柄だ。しかしこの質問にちさ子は突然声色を変えて言い放った。

「あの! ただでさえイライラしてんのに、くだらないことを聞かないでください!」

 そしてそのままインタビューは終了…。もともと歯に衣着せぬ物言いで知られる彼女だが、この時はとげとげしい印象だった。ある芸能関係者がその理由についてこう話す。

「あそこの親戚関係は、もう何年も断絶したままなんですよ。互いが互いのことをまったく話さないでしょ? 15年ほど前、ちさ子さんが美人バイオリニストとして有名になってきた当初こそ、政伸さんと親戚だって騒がれたりもしましたけど、今じゃ知らない人のほうが多いんじゃないかな。それくらい、両家の溝は深いってことですよ」

※女性セブン2013年3月7日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング