映画『ボクたちの交換日記』 笑いの中にほろっと泣ける物語

NEWSポストセブン / 2013年2月23日 7時0分

 3月23日より新宿ピカデリー他全国ロードショーされる映画『ボクたちの交換日記』。ウッチャンナンチャンの内村光良が、初監督作品『ピーナッツ』以来7年ぶりに監督・脚本を務めたこの作品。放送作家・鈴木おさむの小説『芸人交換日記~ イエローハーツの物語~』をもとに、お笑いコンビの日常をリアルに描き、笑いの中にほろっと泣ける物語。

 田中(伊藤淳史)と甲本(小出恵介)は、高校時代の同級生。卒業を機に、“房総スイマーズ”というコンビ名でお笑いの世界を目指したものの、結成から早12年。彼らの仕事といえば、デパートの屋上での営業や、ライバルのお笑いコンビのレギュラー番組の前説など、屈辱的な仕事しかないのが現実。30才も目前というのに売れる気配すらない。

 そんなある日、甲本から提案されたのが、まさかの交換日記だった。まじめな性格の田中は、最初は乗り気ではなかったものの、強引な甲本に引っ張られ、渋々続けていくうちに、日記が唯一、彼らのコミュニケーション手段となっていく。そんな日々が続く中、ふたりはテレビ局のプロデューサーの川野純也(佐々木蔵之介)からお笑いコンテストへの出場を打診される。もはや最後のチャンスと、すべてを懸けて挑むのだった。

 房総スイマーズを演じる伊藤と小出は、この作品が初共演にもかかわらず、息もぴったりに泣かず飛ばずのお笑い芸人を熱演している。また内村監督が28年もの間、お笑い界で生き抜いてきただけあって、芸人の実情が真に迫り心を揺さぶる。さらに、6月のライブを最後に解散を決めたFUNKY MONKEY BABYSが書き下ろした主題歌『サヨナラじゃない』も、クライマックスを印象深いものにしている。

※女性セブン2013年3月7日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング