女子アイスホッケー日本代表フェイスブック禁止令に賛同の声

NEWSポストセブン / 2013年2月23日 7時0分

 ブロマガ『中川淳一郎のネットとビールの愉快な話 by NEWSポストセブン』では、ウェブニュースサイトの編集者として知られる中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。2月22日配信のVol.8で紹介した、今週「もっともネット的」とでもいうべきネタが、「女子アイスホッケー日本代表にFacebook禁止令 賛同者多い」という話題だ。

 * * *
 来年行われるソチ五輪で出場決定第一弾となった女子アイスホッケー日本代表。現在愛称を募集中で「なぎなたJAPAN」や「雪女JAPAN」、はたまたスポンサーの高須クリニックにかけて「高須JAPAN」なんて声も出て話題ですね。

 そんな彼女たちに対し、飯塚祐司監督が、Facebook禁止令を出したことが明らかになりました。練習に集中させたい、ということなのですが、これが妥当か否かがヤフーニュースのクリックリサーチで投票されています。

 禁止した方がよいと考える人が54%、禁止しない方がよいと答えた人が30%という結果で、禁止した方がよいと考える人の方がかなり多いとの結果になりました。

 まぁ、禁止令も分かりますよ。だって、同じ女子の日本代表といえば、なでしこJAPANの熊谷紗希選手が金メダル獲得後に参加した合コンの写真がネットに流出した件がありましたからね。

 合コン相手の男子大学生が、調子にのって熊谷のメダルをかじったり、熊谷が佐々木則夫監督を批判したとバラしたりした騒動がありました。今や、グーグル画像検索で「熊谷 なでしこ」を検索すると、この合コンの様子が最初に出てきます。

 で、アイスホッケー代表だって若い選手が多いわけで、ついついやんちゃな写真を掲載しちゃったりするかもしれないわけですね。そういった時に最も傷つくのは選手本人ですから、私なんかは今回の措置は納得です。

 あと、Facebookってかなり中毒性強いんですよ。会議の時でもFacebookを見続ける人もいるほど、気になって仕方がなくなってしまうことも。で、練習に身が入らなくなったり、一度「友達申請」に応じたものの、エロいメッセージばかり来る、なんてこともあったら五輪どころじゃなくなってしまう。

 当然やる自由もあるとは思いますが、監督判断なので、今回は従った方がいいんじゃないですかね。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング