壇蜜 山路徹氏の二股騒動を知り「自分に似たにおい感じた」

NEWSポストセブン / 2013年3月18日 7時0分

 テレビや雑誌で今、引っ張りだこの女優といえば壇蜜(32才)。SM、レズプレーの経験もあるという“新セックスシンボル”の彼女に、性に関する著書もあるジゴロジャーナリスト山路徹さん(51才)が直撃した。

山路:今をときめく壇蜜さんにお会いできて光栄です。それにしても(壇蜜の胸元を見て)目のやり場に困るなあ。

壇蜜:ありがとうございます。普段はとても地味に暮らしているんですけどね。ブランドにも興味がなくて、洋服も西友などで買っていますし。

山路:映画ではオールヌードで体当たりの演技をしているし、テレビでもちょっと過激でエッチな発言をしていますが、透明感が感じられるんですよね。すっぴんもテレビで拝見しましたが、化粧しているときも素顔も両方とも清楚で素敵です。

壇蜜:実際の私は荒川ばりに濁っているんですが(苦笑)。(編集部注・荒川は東京と埼玉の都県境を流れ東京湾に注ぐ一級河川。川幅日本一)  山路:そんなことないですよ。それに醸し出される色気というかエロス。これはどこから出てくるんですか?

壇蜜:自分ではよくわからないんですが、幸せじゃないからだと思います。今の人気なんていつまで続くかわからないですし…。すごく幸せで私生活が充実している人よりも、私みたいに宅配便の集荷場の音がうるさくて眠れないような家賃7万5000円のワンルームアパートに暮らしているような人のほうが男性は性的な対象として興奮するのかもしれません。

山路:確かにエロスは抑圧と自制から生まれてくるもの。ギリシア神話に描かれているエロスの神も、裏切りや禁断、嫉妬といった感情が描かれていましたから。

壇蜜:そこまでエロスを語れるのはさすがですね。私は、山路さんの“二股騒動”を報道で知って以来、自分に似たにおいを感じていました。

山路:どういうことですか? 壇蜜:私たち“フランス脳”だと思うんです。フランス人って恋愛に対しても比較的自由ですし、婚外子も多いでしょう。もしも終戦後の日本がアメリカでなく、フランスに統治されていたら、もっと違っていたのかもしれないと思うんです。

山路:もっと自由に恋愛を楽しんでいたと?  壇蜜:そうです。ワイン片手に誰とでもセックスを楽しんでいたかもしれない。

山路:日本はフランスと違ってセックスレスで悩む女性が多いですから。仕事で40代、50代の女性たちと話す機会があるんですが、セックスしたいのに、だんなは振り向いてくれないと悩んでいる人が多い。

壇蜜:日本も古くは“夜這い”という風習があったようにある意味では、フリーセックスを受け入れていた民族のようですから、もしかしたら、今の一夫一婦制が合ってないのかもしれませんね。

※女性セブン2013年3月28日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング