ダボス会議で発表の政府危機管理能力順位 日本は世界で67位

NEWSポストセブン / 2013年3月21日 16時2分

 今年1月に開催された世界経済フォーラム(通称、ダボス会議)で、日本政府にとってあまりにショッキングな調査結果が発表された。世界各国の危機管理能力を格付けしたランキングだ(下記参照)。

 そのなかで日本は中国よりはるかに低い評価しか得られなかった。上位にあるドイツ、スイス、英国、米国などとは大きく差をつけられ、インドやブラジルといった新興国よりも順位が低い。世界の主要国では、わずかにロシアを上回った程度だ。

 他国を見ると、おおよそ国際競争力と危機管理の能力は正比例しているが、日本に限っては違う。「競争力はあっても、危機管理ができない国」というレッテルを張られたわけである。上位と主要国の順位を見てみよう。

【政府の危機管理能力ランキング】
1:シンガポール
2:カタール
3:オマーン
  ・
  ・
17:ドイツ
  ・
  ・
19:スイス
20:イギリス
  ・
  ・
29:アメリカ
30:中国
  ・
  ・
38:インド
  ・
  ・
41:韓国
  ・
  ・
45:ブラジル
  ・
  ・
67:日本
  ・
  ・
72:ロシア

※週刊ポスト2013年3月29日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング