花粉症対策 ボットン便所で他人の大便のにおいを嗅ぐ裏ワザ

NEWSポストセブン / 2013年3月25日 16時0分

 花粉症に悩まされている人が多いが、少しでも症状を抑えようと独自の対策を試している人もいる。そうした対策法を、花粉症3年の記者が挑戦してみた。

 生の玉ねぎを鼻のなかに10分くらい差し込む、という方法を実践しているのは50代・専業主婦。

「花粉に対する刺激よりも強い、別の刺激を加えることで、最初の症状をごまかすことができるという原理でしょうが…」

 と、微妙な判定を下すのが西田メディカルクリニックの理事長・西田元彦さん。

 記者Tがやってみると、鼻の奥や目がピリピリと痛くなる刺激! 差し込んでいる間は花粉症を忘れられるけど、出したら5分で元通り。自分をごまかせるかどうかだけど…私にはムリ!

 60代の団体職員男性は、流していない便所・汲み取り便所に入って、他人の大便のにおいを嗅ぐ、という対策をやっているという。

「これも玉ねぎと同じ仕組みですね。一瞬ごまかすことはできるのかもしれませんが…」(西田さん)

 記者Tも探したけど、当該箇所がなくトライできず。すみません(ホッ)。

※女性セブン2013年3月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング