癒し系Twitter投手ブランドン 日本復帰目指し日本語勉強中

NEWSポストセブン / 2013年3月25日 7時0分

 WBC3連覇は達成できなかったが、侍ジャパンは死力を尽くして戦った。テレビの前で、手に汗握りながら応援していたファンも多いだろう。その中には、“あの人”も含まれていた。 

〈やまとだましい!〉
〈日本WBCすごいい!〉
〈日本WBCがんばって!がんばって!がんばってください! Let’s win Japan!〉

 平仮名だらけのTwitter、少したどたどしい日本語……。そう、以前本誌でも紹介して話題となり、

〈しゅうかんぽすとありがとう!〉

 と御礼をいってくれた、「癒し系Twitter」のブランドン(元横浜投手)である。現在はワシントン・ナショナルズのマイナーでプレーするブランドン。テレビで観戦しながら、日本に熱い声援を送っていた。

 ちなみに日本語は少し上達した模様で、〈ボストンはさむいです!〉とカタカナを入れたり、〈わたしは武乱屯です!〉と自分の名前に漢字を当てたり。日本を離れていながら、着実に“進化”を遂げているのだ。

「彼はまた日本でプレーするのを目標に、アメリカで新しい日本語の本を買うなどして、未だに勉強に励んでいます。野球の方では、2017年のWBCへの出場を目標にしているようですね」(スポーツ紙記者)

※週刊ポスト2013年4月5日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング