新・歌舞伎座開場で注目の役者 海老蔵、菊五郎、菊之助他

NEWSポストセブン / 2013年3月30日 7時0分

 いよいよ4月2日に開場する新・歌舞伎座。平成の新・歌舞伎座の楽しみ方はプラス歌舞伎Gossipが正解。隠し子、親から子への伝承、家の格、ひどい嫁いびり…なにせ梨園には今の日本になくなってしまったドロドロがてんこ盛り。

 そんなお騒がせ役者のひとりが市川海老蔵(35才)。いろいろあっても観客動員力ナンバー1。名門、市川宗家の継承者で、舞台からはみ出さんばかりのパワーを持つ。先輩役者と共演したり教えてもらう機会が少なかったこともあり、2月に父・團十郎さんを失ったあと、誰に教えを請うていくかが課題。米倉涼子(37才)、佐藤江梨子(31才)などと浮名を流し、隠し子も発覚したが、キャスターの小林麻央(30才)と結婚した。女児が1人あり、近々男児が誕生する。

 天衣無縫な梨園トップは人間国宝・尾上菊五郎(70才)。妻は富司純子(67才)。娘・寺島しのぶ(40才)と市川染五郎の破局から、松本幸四郎家とは不仲になった。事実上、歌舞伎界の頂点だが、「おれは(團十郎さんみたいに)カッと見得切るなんて恥ずかしくてできねえ」と追悼番組で言ってしまうやんちゃキャラ。

 その團十郎さんとは「團菊」と呼ばれ、共演を重ねた盟友であった。舞台でも茶目っ気にあふれ、親しみやすい芝居をする。当初女形だったが、40代からは立(男)役が増え、黙阿弥が書いた世話物で演じるきっぷのいい江戸っ子が本領。開場公演4月の、男が女に扮する弁天小僧(『弁天娘女男白浪』)は当たり役。

 そして、菊五郎の長男・尾上菊之助(35才)。行儀がよく、まじめで先輩からの信頼が厚いのは、子供の頃から共演も多い海老蔵と対照的。中村吉右衛門の四女・瓔子さん(30才)と結婚、歌舞伎界全体を考えている人物と評価を高めた。今は両家を継ぐ男子2人の誕生に期待が集まる。

 女形として、父よりもしっとりとした色気があるといわれ、今、きれいな盛り。40代になると立役が増えることが予想されるので、「菊之助の女形はこんなにきれいだった」と自慢するには、今見ておくべき。

 正統派の芸をもつのは、人間国宝・中村吉右衛門(68才)。松本幸四郎の実弟。跡継ぎがなかった母方の祖父・名優・初代中村吉右衛門さん(享年68)の養子となり名前を継ぐ。子供は女の子ばかりだが、今年、四女が尾上菊之助と結婚。

 娘が自分の跡継ぎを産むよう待望するのは、祖父と同じという不思議な巡り合わせ。生家で父の名前を継いだ兄・幸四郎とは不仲の噂。数十年、全くなかった兄弟共演がこの数年少しずつ実現。実力は当代一の正統派。テレビ時代劇『鬼平犯科帳』をきっかけに舞台を見たファンも、必ず満足させる。

※女性セブン2013年4月11日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング