キリンのビール割り機つくった女性社員 iPhoneアプリで着想

NEWSポストセブン / 2013年4月3日 7時0分

写真

学生時代は福岡ドームでビール売り子だった田代さん

 ちょっとした業界通でなくとも、お気づきではなかろうか。お堅いイメージのあるキリンビールが、主力商品の斬新な飲み方提案を次々と打ち出していることを。

 1990年の発売以来、ロングセラーを続けている『一番搾り』の今年のキャッチコピーは、ずばり「ビールって、おもしろい」。昨年は飲食店を中心に、泡を凍らせた『一番搾りフローズン生』を提供したところ、多くの驚きとともに、ビールから縁遠くなっていた若者たちのハートを引き寄せた。

 そして、今年お目見えしたのは、穴が開いた専用の器具をコップに装着して思い思いのリキュールやジュースをビールで割る新提案。きれいな2層のビアカクテルが出来上がる『一番搾りツートン<生>』である。

「実はあの器具(ツートンメーカー)を開発するまでに丸半年も失敗を重ねました。街中のバーテンダーさんは、スプーンの裏側を使って上手に2色のカクテルがつくれるのに、私がどう真似てみても色が分かれない。毎日、会社でカクテル作りにのめり込みました」

 こう話すのは、マーケティング部に所属する田代美帆さん(29)。試行錯誤の後、注ぎ込むビールを液面に乱流を起こさないようポトポト落とすのがコツだと分かったが、簡単な器具で成功させるには、穴の大きさや数によって完成率にムラが出る。

「こぼれる液が着地したとき、お互いの波が打ち消しあうようにするためには、偶数個の穴が最適らしいんです。私は算数が苦手で詳しく説明できないのですが(笑い)、一緒につくったメーカーさんに毎日会社に来てもらったおかげで、ようやく世に出すことができました」

 そもそもツートン生は、田代さんはじめ、チームのメンバーが若者たちの間に浸透する“カスタマイズ流行り”に着目して提案された企画だ。

「例えばiPhoneは好きなアプリをダウンロードして自分なりの1台にしますよね。ビールだって、もっとオリジナリティーを出せれば飲むきっかけになると思ったんです。だから、敢えて、レッドアイ(トマトジュース割り)やシャンディ・ガフ(ジンジャー・エール割り)など難解な名前で割り材をオススメするのはやめて、自分で好きなものを選んで飲んでもらうスタイルにしました」

 チームといっても、田代さんが担当する『一番搾り』や『ラガー』といった王道のビールジャンルを担当するマーケティング部隊はたったの4人。まさに少数精鋭で市場動向の把握から派生商品の開発やCM制作、リニューアルともなれば味の設計やパッケージデザインの考案まで、とにかくブランド育成の全てに関わる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング