動脈硬化を防ぐ方法「暴飲暴食しない」「たばこ吸わない」

NEWSポストセブン / 2013年4月10日 7時0分

 50歳を超えても30代に見えることでお馴染みの『ナグモクリニック』院長の南雲吉則さんが、動脈硬化を防ぐ方法を伝授する。

 * * *
 動脈硬化を防ぐための4つのコツを教えてあげるね。まず太らないこと。当たり前だよね(笑い)。どんな健康法を実践していても、太っていたら意味がない。

 2つめは暴飲暴食しないこと。いくら痩せていても、発作的にやけ食いしたり、甘い物ばかり口にしていたら血管はぼろぼろになるよ。糖は血管のコラーゲンと結びついて血管を硬くするからね。アルコールの飲みすぎもだめ。ほろ酔い加減でやめようね。

 3つめはたばこをやめること。たばこは百害あって一利なし。

 そして最後は、室温で固まる脂を控えること。油の回でもお話ししたけれど、牛や豚は恒温動物でいつも体温が高い。それらの脂を室温に置くと固まるよね。ということは血管の中でも固まるんだ。こういう脂を“飽和脂肪酸”という。それに対して、室温で固まらない油は体にいいね。

 例えば魚は変温動物だから、冷たい水の中では体温は低いけれど、体は動いている。つまり魚の油は低温でも固まらないんだ。ということは血管の中でも固まりにくい。これを“不飽和脂肪酸”という。

 同じように、室温で固まらない植物油も不飽和脂肪酸。特にオリーブオイルは、ビタミンも豊富でいいね。

 ただし同じ植物油でも、マーガリンのように人工的に固まるようにしたものは、“トランス脂肪酸”といって、血管の中でも固まるから危険なんだ。トランス脂肪酸の摂りすぎには注意しよう。

 バランスの取れた食事を摂るように心がけようね。

※女性セブン2013年4月18日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング