年の差婚増加で幼稚園では「祖父と思ってもお父さんと呼べ」

NEWSポストセブン / 2013年4月14日 16時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(57歳)が印刷会社勤務の奥様(55歳)。孫の入園式での出来事です。

 * * *
「参ったよなあ。父親と間違われちゃったよ」

 言葉とは裏腹に満面の笑みで帰ってきた主人。入園式の前の体験入園で、主人が娘夫婦の代わりに孫を連れて行ったんです。そしたら職員から「お父さんはこちらに座ってください」といわれ、「父親ではなく、祖父です」と訂正すると、「それは失礼しました」と謝られたのだとか。 「若く見えたんだろうけど」とご機嫌な主人に水を差したくありません。  

 でも、私、遊園地で働く知り合いから聞いてました。「最近は加藤茶さんみたいに年の差婚もあるから、おじいちゃんとお孫さんだと思っても、失礼があってはいけないから、『お父さん』と呼んでるの」と。

 入園式も「オレたちが連れて行く」と主人がいうので、私も付いて幼稚園へ。私たちを見た職員が、孫に「よかったねぇ、おじいちゃんとおばあちゃんと一緒で」といった途端に、主人の表情がゆがみ、しばらく沈黙が。そして「わかった! ババアのお前と一緒だから、『パパ』ではなく、『おじいちゃん』といわれるんだ。不愉快だ。帰る!」

 すると孫が、「ジイジ、バイバイ!」「いや、あの、その……本当に帰るのではなく……」狼狽する主人。「孫もそういってるんだし、帰りなさいよ。ジジイ!」あ~、スッキリ!

※週刊ポスト2013年4月19日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング