用件の前に必ずつけて人間関係を円滑にする 「和らげ言葉」

NEWSポストセブン / 2013年4月11日 16時0分

 相手に伝えづらいことを話す場合、必ず言い添えたいのが「悪いわね」「申し訳ない」「すみません」などの和らげ言葉。枕詞にすることで、恐縮した様子を与え、柔らかな印象を与える。「ちょっといい?」「無理ならいいんだけど」なども同様の効果がある。

 一般的で使いやすいの「すみません」だ。「申し訳ありませんが」はより丁寧。頼み&断りのどちらにも使える。

「恐れ入ります」もまた、申し訳ない気持ちを添える言葉。「恐縮ですが」より柔らかいイメージだが、かしこまった場でも使える。

 相手にとって無理なこと、面倒なことを頼む場合に使うのが「差支えなければ」。より恐縮度が高まる。

 もちろん、親しい相手へのざっくばらんな頼みでも、和らげ言葉は必要。たとえば「悪いんだけど」などの、かしこまらない表現を使うといいだろう。

※女性セブン2013年4月25日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング