サッチャー「鉄の女」を作った父親の「男も女もない」の教え

NEWSポストセブン / 2013年4月12日 7時0分

 4月8日、イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャー氏が、10年にわたる認知症の末、脳卒中で亡くなった。87才だった。

 エリザベス女王(86才)は「悲しいニュースだ」と声明を発表。キャメロン英首相(46才)はスペイン訪問を途中で切り上げ緊急帰国した。

 世界にも悲しみは広がった。アメリカのオバマ大統領(51才)は、「世界は最も偉大な自由の擁護者の一人を失い、米国は真の友人を失った」と声明を発表した。

 しかし一方で、インターネット上には、彼女の死去を歓迎するページが設置された。元炭鉱労働者はフェイスブックに「人生で最良の日だ」と書き込んだ。テレビの中継でも、涙を浮かべながら悲しむお年寄りの女性が紹介された後、「私の街をぶちこわした。彼女の死を歓迎する」と答える男性が登場するといった異様な事態になっている。

「Love her or hate her」(彼女を愛するか、憎むか)──評価が真っ二つに分かれる女性であった。

 それでも現代を生きる女性にとって、彼女の存在が大きなものであったことは間違いない。それは、映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で、サッチャー氏を演じ、昨年のアカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ(63才)の追悼の言葉にも表れている。

「世界中の女性たちに、お姫さまになるという幻想ではなく、別の夢を抱かせた」

 食料雑貨店を営む中産階級の家に生まれたサッチャー氏は9才のとき、学校から優秀賞をもらい、「私は、幸運だったのではない。それだけの努力をした」と言った。

「彼女のお父さんは13才までしか教育を受けなかったのですが、独学で勉強し、雑貨店を経営しながら、市会議員、上級議員、そして市長にまで上りつめた人。その父から“他の人がやるからというだけの理由で、何かをやってはだめだ。できないとか、難しすぎるということはない。男も女もない”と言われ、“自助努力”の教えを受けたんです。彼女は他の女の子たちと遊んだりせず、勉強に打ち込んでいたんです」(英在住ジャーナリスト)

 私立の女学校に進学後、名門オックスフォード大学へ。卒業後は、化学者としてプラスチック工場で働いた後、保守党の支部に入会し、1959年に下院議会議員選挙で初当選を果たす。630人の議員中、女性はわずか5人。33才のサッチャーは最年少だった。

 そして1979年にイギリス初の女性首相となる。54才。首相としては若く、女性で、平民という、異例ずくめの首相だった。

※女性セブン2013年4月25日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング