サザエさん新キャラ「大工のジミー」人気の理由を元Pが解説

NEWSポストセブン / 2013年4月21日 7時0分

 4月7日に2200回という前人未踏の放送回数を達成した『サザエさん』(フジテレビ系)。この日はそれを記念した1時間スペシャルだったが、その放送内容に、一部視聴者から不満の声が上がった。

「スペシャルなのに大工のジミーが出ないってどういうこと!?」

 ジミーとは、大工の棟梁の弟子として一昨年よりサザエさんに登場した新キャラクターである。茶髪にヘッドフォン、大工らしからぬ襟付きベストという派手なファッションに身を包み、本名は金次郎なのに「ジミーと呼んでほしいッス」と言い出すチャラ男風のキャラ設定は、登場以来、古くからの『サザエさん』ファンの度肝を抜いた。

「古き良き日本が見たいのに」「『サザエさん』の世界観に合ってない」

 当初はそうした批判も寄せられたが、ジミー人気は徐々に広がった。たとえば2012年8月19日の放送回では、ジミーが犬小屋を作った際、高級素材の檜を使った上に「MADE IN JIMMY」と彫ったことがバレて、一度は破門されてしまう。だがその後、2人は寿司屋で再会し、棟梁はジミーにトロを注文しながら、こう説く。

「お前は栄養が足りねえから、あんな半端なものしか作れねえんだ。犬小屋には犬小屋に向いた材料があるんだ」

 分不相応なトロに恐縮しながら、自らの過ちに気づくジミーなのだった──と、毎度ジミーが棟梁や波平らに叱られることで、非常識な若者から成長する様が人気を呼び、ジミー登場回には「ジミー、キターー!」とインターネットでプチ祭り状態になるほど。それだけに、記念スペシャルに登場しなかったのはがっかりだったというわけだ。

『サザエさん』の元プロデューサーで作家の大橋義輝氏は人気の理由をこういう。

「大工のジミーは、見た目はチャラい若者だけれど、叱ってくれた棟梁や波平を尊敬する。ちゃんと叱れば若者は慕ってくれるんだ、という年配者たちにとって夢みたいなことを叶えてくれたから、評判がいいんじゃないでしょうか」

※週刊ポスト2013年4月26日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング