岸朝子さん 取り寄せの燻製牡蠣に「おいしゅうございます」

NEWSポストセブン / 2013年4月22日 16時0分

写真

岸朝子さんが魅了された「牡蠣のくん製オイルづけ」

「牡蠣には少々うるさいんですの」と微笑むのは、『東京五つ星の手みやげ』などもあるお取り寄せの達人・岸朝子さん。そんな彼女イチ押しの品が「牡蠣のくん製オイルづけ」だ。

 プリッとした大粒の身と香ばしい特製オリーブオイルが特徴という。同商品の作り手、宮城県石巻市の三養水産の加工現場を訪ねた。

 目に飛び込んできたのは、ぷっくりと肉厚で乳白色の牡蠣の身だ。熟練の牡蠣剥き職人が圧巻のスピードで一粒一粒を殻から外す。自家製の燻製機によって燻された牡蠣を瓶詰し、特製オイルを注ぎ完成。

「牡蠣の旨みを最大限に引き出した自信作」(辻尚広常務)と胸を張る。岸さんもこの旨みに魅了された一人。

「身はそのままいただき、残ったオイルは炒めものに使うと最高です。おいしゅうございますよ」(岸さん)

■牡蠣のくん製オイルづけ
1260 円/1瓶150g(牡蠣80g)

 宮城県産の牡蠣を桜チップで数時間にわたり低温燻製し、旨みを凝縮。ガーリックとハーブで香り付けしたオリーブオイルとの相性も抜群だ。

【店名】三養水産
【住所】宮城県石巻市流留字家の前10-10
【営業】8時~17時
【定休】日、祝、8月13日~16日
【注文HP】http://sanyou-suisan.com/

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2013年5月3・10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング