TDL大好き女子 鉄製柵先端がゴム製の気遣いに感激し鳥肌

NEWSポストセブン / 2013年4月25日 16時0分

 ディズニーランドが開園30年を迎え、お祝いイベントが次々と予定されている。そこで、ディズニー好きなR40女子を代表し、ディズニー通としてテレビ出演経験もあるふたりに、30年の思い出を振り返ってもらった。

池田貴子さん(以下、池):このミニーちゃんは初めて両親が買ってくれたもの。懐かしいよね~。どれもたくさんの思い出が詰まっていて、きっとみんなも捨てられずに、おうちの押し入れに眠ってるんじゃないかな。

吉田よしかさん(以下、吉):私は、両親が大のディズニー好きだったからバンビや、ダンボ、白 雪姫…幼いころからディズニーに囲まれて育ったの。30年前、当時私は14才。日本に東京ディズニーランドができると聞いて家族で大喜び。でも、開園日は 残念ながら雨…。

 パーク周辺は、建物がなくて野原のようで、舗装されていない場所に車を停めたから、泥でぬかるんでいたのを覚えてる。でも、雨だったけど、真っ白なシンデレラ城はものすごくキレイだったわ!!

池田さん:私も中学生のとき、両親が初めて連れていってくれたんだけど、行く前はどんなところか想像もつかなかったな。当時はものすごく混んでいたよね。やっと乗れたのが『蒸気船マークトウェイン号』と『カリブの海賊』と『イッツ・ア・スモールワールド』。初めて行ったときはミッキーに会えなくて残念だったな。

吉:そうそう、今は『ミッキーの家とミート・ミッキー』で会えるけど、昔はミッキーになかなか会えなかったよね。彼は特別な存在感があって、会うと今でも緊張しちゃう。昔はカメラを握る手が震えちゃって、写真が全部ブレていたの(笑い)。

 東京ディズニーランドで思い出の場所ってある? 私は開園15周年のときにウォルト・ディズニー・カンパニーから贈られた『パートナーズ像』。毎日パークに通っているんだけど、着いたらいつもウォルトとミッキーに「今日もありがとう」って挨拶しているの。

池:私は23才のとき、初めてガイドツアーを申し込んだの。ガイドさんが園内を案内して くれて、鉄製の尖った柵の先を触ったらグニャ~ンと曲がってビックリ! 危なくないよう先だけゴム製になっていると聞いて、その心遣いに感動して鳥肌が立っちゃった。その冬、年間パスポートを買いました。

※女性セブン2013年5月9・16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング