福山雅治の下ネタに吉高「私のオッパイいいでしょ」と返した

NEWSポストセブン / 2013年4月29日 7時0分

 6年ぶりに変人の天才物理学者が帰ってきた。4月15日にスタートした月9ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)。吉高由里子(24才)との新コンビはすでに息ぴったりで、視聴率も2週連続で20%超と絶好調。さすが福山と思った人も多いはず。

 吉高は撮影当初、同じ事務所の大先輩・福山雅治(44才)との初共演に加え、超人気ドラマシリーズの新ヒロインということで、右足と右手が一緒に出てしまうほど緊張でガチガチだったという。そこで福山は、彼以外ではありえない一計を彼女のためにめぐらせた。

「福山さんは吉高さんのために、飲み会を開いたんです。福山さんは、彼女がヌードになった映画『蛇にピアス』を見ていたみたいで、“よかったよ…おっぱいが!”なんて言ってました。吉高さんもお酒が入ると下ネタをよく話すので、“私のおっぱい、いいでしょ!?”って“応戦”してました(笑い)」(テレビ局関係者)

 また、吉高が「福山さんはオンオフが見事ですね」と言うと、福山は「いつもは皮かぶってるけど、仕事の時はひょっこり頭出すんだよ」などと返して、大爆笑の連続だった。

 吉高はこの飲み会をきっかけに、リラックスして撮影に臨むことができるようになったという。実際、吉高は最近のインタビューで、こんなことを語っている。

「ときには“ピンクな話”で、科学とは全然関係ない湯川先生も見られたりして(笑い)」

 福山にとって“下ネタ”は、最大のコミュニケーションツールのようだ。

※女性セブン2013年5月9・16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング