ぽっちゃりファッション市場が急成長 美魔女ブームの反動か

NEWSポストセブン / 2013年5月18日 7時0分

 ぽっちゃり市場が好調な背景について、消費者行動に詳しいニッセイ基礎研究所の久我尚子氏は、おしゃれを楽しむ傾向の表れだと分析する。

「ここ数年、身の回りに気を遣う時間が増えているという調査結果が出ています(総務省「社会生活基本調査」)。つまり、どのような年代、どのような体型でも、おしゃれを楽しむようになってきているんですね。そうしたニーズを、アパレルメーカーなどが捉え始めたと考えられます」
 
 もう一点、とりわけ若い女性に、“反動”が見られるようになっていると指摘する。

「ダイエットは変わらず大きな需要としてあります。ですが、美魔女ブームのように、ストイックに美を求める行動が加熱するなかで、反動も出てきています。自分が美魔女を目指していなくとも、とくに下の世代の見ている人のなかに、そんなに頑張らないといけないのか、という疲れが出てきているんですね。

 こうした状況と呼応するように、テレビでは柳原可奈子さんなど、ぽっちゃりしたタレントさんが活躍するようになりました。ぽっちゃりのイメージがアップしたことで、無理にダイエットをするのではなく、自然体の体型を活かしたおしゃれをする方向に向かう方が増えているのかもしれません」

 折しも今月頭には、世界最大の売り上げを誇るアパレルブランドH&Mが、最新水着キャンペーンで、ぽっちゃり型のモデルを起用したことが話題となった。ぽっちゃりでおしゃれ、は、世界の流れでもある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング