宝くじ 高額当せんの流れが来ている売り場2つを直撃取材

NEWSポストセブン / 2013年5月28日 16時0分

 現在発売中のドリームジャンボ。ジャンボのなかでも1等1億円が161本と、もっとも1等に当せんしやすいこともあってか、発売初日の17日は、350人以上の行列ができる売り場もあった。

「高額当せんを狙うなら、“ドリームジャンボに強い”売り場に行くべきです」

 と話すのは、宝くじ評論家の“山ちゃん”こと山口旦訓さん。過去5年分の実績をもとにした全国のオススメ売り場10か所があるというが、その中でも、3年以上連続当せんしていて「今、流れが来ている」(山ちゃん)という2つの売り場を取材してきました。

 まずは、秋田県秋田市の広面チャンスセンター。同売り場は、これまで14本の億当せんを出しているが、そのうちの9本がドリームジャンボなのだ。

 1995年、改装工事中の“ある出来事”をきっかけに高額当せんが出るようになったという。

「ある日、塗りたてのコンクリートの上に猫の足跡がついていたんです。本来なら塗り直すところですが、“これは招き猫の足跡だ”という話になって、そのまま残したんです」(店長・吉田裕さん)

 その翌年には、2000万円が当せん。その後、100万、500万円単位の当せんが続き、とうとう2000年のサマージャンボで1等前後賞3億円に当せんした。

「この工事が春先だったからなのか、それ以来、特にドリームジャンボで当せんを出しています」(前出・吉田さん)

 2つ目は、これまでに総額100億円の高額当せんを出してきた東京都豊島区の池袋東口西武線駅構内売場。高額当せんを出し続けるために、毎年売り場にある工夫をしている。昨年のドリームジャンボの前には、売り場の外観を西武鉄道レッドアロークラシック号のカラー、黄色にリニューアルした。

「そのご利益でなんと、1等前後賞が2本も。今年もドリームジャンボに合わせて外観を塗り替えました。スマイルトレイン号の緑色にして準備万端です」(売り場責任者・鈴木洋平さん)

 ドリームジャンボの発売は6月7日まで。この10売り場に急ぐべし!

※女性セブン2013年6月6日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング