世界遺産目前の富士山だが登山道やブルドーザー道の傷跡多し

NEWSポストセブン / 2013年5月27日 16時0分

写真

ギザギザはブルドーザー道(山梨県側見た富士山)

 なんという痛々しい傷跡か。ここに紹介した写真は、山梨県側の吉田ルートから見た富士山。左の稲妻のようなギザギザは、登山道や荷揚げなどのために整備されたブルドーザー道である。

 シーズンともなれば毎年30万人が山頂を目指し、近年は中国をはじめ、東南アジアからも大挙して押し寄せるという。頂上近くでは何かと必要なのだろうが、それにしても、である。

 富士山が世界遺産に登録されるまでの道のりは険しかった。ゴミの不法投棄が止まず、「自然遺産」としては国内の候補地にも入らなかった。ようやくのこと、晴れて「文化遺産」登録が確実となったわけだが、こんな“顔”では浮かばれまい。

 世界を見渡せばガラパゴス諸島をはじめ、入場規制を設けた世界遺産が増えている。富士山の地元でも入山料の徴収を検討するが、入山規制までには至っていない。

 黙して語らぬ富士山に、いつまでも甘えてばかりはいられない。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2013年6月7日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング