エベレスト登頂・三浦雄一郎氏を支えた妻の手料理「鮭の頭」

NEWSポストセブン / 2013年5月30日 7時0分

「70才、80才で夢をあきらめる人が多すぎる。80才でスタートだと思えばいいんです」

 史上最高齢の80才でエベレストの登頂に成功した冒険家の三浦雄一郎さん(80才)は、そう言って笑った。70才、75才とすでに2度のエベレスト登頂を果たしていた三浦さん。3度目の成功で前人未到の高みに到達したが、意外にもその登山人生は、挫折だらけだった。

「最後で最高の夢をかなえたい」と三浦さんがエベレスト登頂を目標に掲げたのは65才のとき。しかし、長年の暴飲暴食がたたり、当時は身長164cm、体重86kg、体脂肪率45%という完全なメタボ体形…。おまけに狭心症、高脂血症、高血圧を患っていた。

 トレーニングを始めようにも、わずか500mの山で息が上がり、足が動かない。これは登山以前の問題だと、三浦さんは食生活の改善を試みることになった。それを支えたのが妻の朋子さん(80才)だ。

「奥さんは、晩酌に缶ビール1本しか許さず、納豆やヨーグルト、キムチなど発酵食品を食べさせました。ただ三浦さんの肉好きは直らないので、ビタミンB群や亜鉛をバランスよく摂取できるように、豚、牛、鶏、羊といろんな種類の肉を食卓に並べていたそうです」(三浦さんの知人)

 食生活に加えトレーニングの成果もあり、70kgまで体重を減らした三浦さんは、その後、見事エベレスト登頂を成し遂げた。だが、2度目の登頂の翌年、76才の時に、スキー中の事故で左大腿骨を骨折してしまう。医師から「運がよければ歩けるようになるかも」と告げられるほどの大怪我だったが、ここでも愛妻の手料理に救われた。

「朋子さんは毎日、鮭の頭を丸ごと圧力釜で煮込んだ料理を作って三浦さんに食べさせました。柔らかくなって骨ごと食べられ、これがカルシウムだけでなくマグネシウムやビタミンDも豊富で、リハビリに励む三浦さんのまさに血や骨になったんです」(前出・三浦さんの知人)

 こうした「鮭の骨料理」効果で三浦さんは怪我を克服し、登山復帰。そして今回、80才での登頂を果たしたのだ。

※女性セブン2013年6月13日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング