電話の話し相手サービス 10分140円の歩合制で在宅勤務可能

NEWSポストセブン / 2013年6月6日 7時0分

 貯金が2000万円以上あれば老後はひとまず安心。問題は、そんなお金がない人。おそらく、かなりの割合の人がそうなのでは? 早くから危機感をもって行動した56才主婦のSさんに話を聞きました。

 Sさんの仕事は電話で話し相手になるだけの歩合制在宅ワーク。時給は840円(10分140円で計算)で、勤務時間は1日3時間(週3回)で月収は約1万円。他のパートと合計すると16万円の収入がある。

 5年前からコールセンターでフルタイムパートをしているそのさんは、1年前に日本ライトカウンセリング協会のライトカウンセラーの資格を取得。電話話し相手サービス「聞き上手倶楽部」のカウンセラーとして働いている。

「定年後はこちらの仕事をメインにする予定。今から技術を磨き、お客さんに安心してお話ししていただきたいです」電話で話した時間10分140円の歩合制だが、電話がかかってくるまでの待機の時間もあるため、週3回の在宅勤務で月収は1万円ほど。ライトカウンセラーの資格は2~3か月ほどの受講で取得でき、費用は18万円だという。

※女性セブン2013年6月20日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング