ピューロランド黒字化 中華圏女子のハローキティ人気が後押し

NEWSポストセブン / 2013年6月9日 7時0分

 ハローキティなどの“カワイイ”キャラクターで知られるサンリオのテーマパーク「サンリオピューロランド」(東京都多摩市)。1990年12月オープンだが、1991年4月オープンの「ハーモニーランド」(大分県日出町)とともに長年、赤字を出し続け、同事業はサンリオにとってお荷物ではないかと指摘する株主もいた。ところが、2014年3月期にはサンリオピューロランドが黒字に転換する見込みだという。

 最近のピューロランド入場者数(3歳以下の無料入場者を含む)をみると、2009年が108万5000人、2010年に113万7000人に、2011年は東日本大震災の影響があったにも関わらず113万3000人、2012年は115万4000人と一貫して増加傾向にある。ピューロランドを運営する株式会社サンリオエンターテイメント広報宣伝課の真鍋和弘さんがいう。

「今期は7月20日に新エリア『サンリオタウン』がオープンします。大幅なリニューアルはオープン以来初めてです。サンリオ世代の20代、30代の女性など新規顧客層の拡大、リピーター増加が予想されますので入場者数は3割増になると見込んでいます。外国からのお客さまも今年度は昨年よりも2万人増が目標です」

 日本で育った女の子なら一度は通るサンリオキャラクター。ところがテーマパークは立地の不便さなどを理由に長らく苦戦を強いられてきた。そのピューロランドが黒字転換した背景には、中華系女子の援軍も大きいというのだ。

「尖閣問題以降、中国本土からは減ってしまいましたが、外国人の8割を占める台湾や香港など中国語圏からは多くの方がいらしています。他にはタイ、マレーシア、シンガポールやインドネシアからが増えているのが目立ちます。集計は団体旅行だけが対象ですが、香港からは集計されない個人旅行の方が増えているようです」(前出・真鍋さん)

 家族で出かけたのをきっかけに繰り返し訪れ、今では年間パスポートを購入して家族でリピーターになってしまったという通信会社に勤めるサラリーマンが語る。

「最初は『着ぐるみのショーだろう?』と思っていたら、予想外に本格的なミュージカル風のショーで驚きました。とても一日では見きれないです。東京ディズニーランドにもときどき行きますが、ピューロランドの方が外国人観光客が多いように思います。Facebookのピューロランドページを見ても、外国人、特にアジアからのファンの書き込みが多いですよ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング