姫路城「平成の大修理」 職人の技と最先端技術の壮大な合作

NEWSポストセブン / 2013年6月14日 7時0分

写真

生まれ変わる“白鷺城”の大天守

 2009年から始まった姫路城の大修理がクライマックスを迎えようとしている。日本初の世界文化遺産を建築当時の姿に甦らせる巨大プロジェクトの舞台裏に迫った。

 鉄骨が取り囲む大空間に、ニョッキリと突き出た大天守最上部の五重屋根。普段近づくことのできない場所から見ると、スケールの大きさに圧倒される。

 優雅に反る入母屋破風(いりもやはふ)。約1.9mもの鯱瓦に、アゲハチョウを表わした隅鬼瓦。鉄骨の間から陽の光が降り注ぎ、塗り直された漆喰の白さが鮮やかに輝く。

「全面葺き替えた瓦は、今回製作した瓦、『昭和の大修理』で製作した瓦、それ以前の瓦と、400年の時を超えて混ざり合っていることになります」(鹿島建設・野崎信雄総合所長)。

 大天守は、徳川家康の娘婿、池田輝政によって慶長14年(1609)に築かれた。五層六階、地下一階からなり、高さは46.35m。難攻不落の名城に偽りはなく、外壁や屋根に近づくのは容易でない。

 昭和31~39年に行なわれた「昭和の大修理」は、傾いていた大天守を全面解体して再構築し、のべ25万人が従事するという未曽有の規模だった。今回は、それから実に45年ぶりとなる。

 屋根瓦の全面葺き替えと漆喰の塗り替え補修が中心なので規模は昭和の時ほどではないが、前回とは種類の違う困難が大きな壁となった。そのひとつは、大天守を雨風から守る素屋根の建設だった。「平成の大修理」は、職人の匠の技と最先端技術の壮大な合作といえた。

「素屋根の建設はハイテクの粋を集めたプロジェクトでした。小天守や渡り櫓が取り囲み、大天守の周囲はスペースが狭い。昭和の時は大天守と周辺建屋を解体したので問題なかったが、今回は現状のままでの素屋根建設。クレーンで空中から長い鉄骨を降ろして組むしかなく、鹿島の技術力が試される難工事でした。

 国宝ですから傷ひとつ付けてはいけない。小さな失敗も許されない。設計図はありましたが、工事前には光波測量機でより正確に実測し、立体的なアニメーションやCADツールで作業の検証を重ねるなど、最新技術を駆使しました。それでも工事中に、鉄骨が大天守に当たってしまう箇所が1か所見つかり、最善の対策を考える日々が続きました」(野崎総合所長)

 鳶職が組んだ足場から、鉄骨が大天守に最も接近する場所を覗いてみると驚く。屋根瓦と鉄骨の隙間を測ると20cmしかないのだ。その先の隅鬼瓦との間はわずか10cmというから、クレーン操作の神業である。地面に柱の設置場所が確保できず、宙に浮いたまま屋根を支えるという信じがたい作業を強いられた。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2013年6月21日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング