子供が働かなくても一生食べていけるプラン作成をFPが提唱

NEWSポストセブン / 2013年6月22日 16時2分

 働かない、働けない子供をかかえた親たちは不安を抱えている。過去を振り返っては、自分が間違っていたのではと責め、焦る気持ちはつのるばかりだ。

 この問題は、時間が経過すればするほど事態が悪化し、親はますます追い込まれていく。定年を迎え、年金しか収入がなくなった時に、働かない子供をどう養うのか。すでに年金暮らしの親としては、自分が先立った後の子供の行く末が心配事になる。

 結婚も就職もしない娘を持つ、一度は就職した娘に厳しくしすぎて心療内科に通うことになってしまったDさんが、沈痛な表情でこう語る。

「親の責任として、可能なかぎり娘の面倒を見る覚悟はできている。ただ、私にも慢性糖尿病という持病があり、無理がきく体じゃない。常に“もし自分が倒れたら、どうなるのか”ということを考えています。もしものことがあったら私の生命保険で食っていってもらうしかないのか」

 親だけでなく、兄弟も不安を抱えている。

「35になってもまったく働こうとしない弟がいる。いまは両親が面倒を見ているが、いなくなったらどうなってしまうのか。最近、妻が『いずれ両親だけでなく、あなたの弟の面倒も見なければいけなくなるのでは』とこぼすようになった」(40歳・公務員)

『親亡き後の子はどう生きていくか――』と題したセミナーで講師を務める、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子氏は、働かない子供を持つ親からの相談を受け始めて16年になる。

「最初の頃は、どうしたら仕事をさせられるかという相談が多かったが、今は自分が死んだ後、ひとりになった子供はどうやって生きていくのかという質問が増えています。とくに目立つのは、40歳以上の子を持つ親からの相談です」(畠中氏)

 畠中氏が提唱するのは、子供がまったく働かなくても、親の資産と子供の公的年金を活用し、子供が一生食べていける方法を探す「サバイバル・プラン」の作成だ。

「親が子供が定職に就くことを諦めきれずにいると、サバイバル・プランは立てられません。でも、子供が40歳になって定職に就いていないのなら、プランを立てるべき。もし後になって、アルバイトなどで収入を得られるようになれば、“上方修正”すればいいんです」(畠中氏)

※週刊ポスト2013年6月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング