街でデモする人「本気なら立候補すればいいのに」と映画監督

NEWSポストセブン / 2013年7月13日 7時0分

写真

“泣ける“と評判が広がっている映画「立候補」の藤岡利充監督

 選挙のたびに投票率の低下が嘆かれるなか、インターネット上に掲載されている過去の政見放送は人気コンテンツのひとつだ。多くは“泡沫”と呼ばれる候補者たちだが、ネット上で彼らはネタとして消費されるばかりで、有権者と向き合う場所になりづらい。6月29日の公開以来、週末には入りきれなかった観客のために劇場側が急きょ上映回を増やすほど注目を集めている映画「立候補」監督の藤岡利充氏に、ネットに現実が影響を受ける日が来るのかと尋ねた。

*    * *
――政治家の悪いところをみつけてけなす傾向というのは、映画で題材にされた大阪W選挙のときにも、そういう雰囲気を強く感じたのでしょうか?

藤岡:ないとは言いませんが、人にはいろんな面があるとわかったうえで、大阪の人たちはああいう盛り上がり方をしていたのだと思います。大阪で映画「立候補」の試写会をしたとき、市長に当選したとたん敗者へ冷たくなった橋下さんの様子を見ても『橋下さんはああいう人でしょ』と冷静に受け止めていました。大阪の人は、冷酷なところも含めて橋下徹で、今はマイナスよりもプラスの方が大きいと考えているのでは。

――この7月からネット選挙解禁と言われています。選挙は変わると思いますか?

藤岡:変わらないんじゃないかと僕は思う。たとえば供託金300万円がないから立候補できないという言い方をされますよね。根底はその問題と同じだと思うんです。300万円あろうがなかろうが、立候補する人はする。300万円を言いわけにしているのでしょう。映画で取材させてもらった泡沫候補と呼ばれる人たちは、300万円とは関係なく立候補したと思います。ネットは現実と同じじゃない。

――実際、ネット上で熱烈に支持されている人が必ずしも選挙で得票を伸ばす結果は残せていないように思います。

藤岡:ネットでばかり発言している人たちは、本気じゃないと思うんです。自分ならどうするか考えたら、本気なら電話したり投書すると思う。直接会うのが難しい人が相手でも、何か方法があると思うんです。誰が聞くのかも見るのかもわからないネットという場所で、大勢の人の書き込みにまぎれて落書きみたいに書く方法が、誰かに届くとは思えない。

――インターネットが普及したからといって、現実は変わっていかないのでしょうか?

藤岡:詳しいことはわかりませんが、ネガティブな言葉が残っちゃうなあとは感じています。だから、ネットは1日1時間でいいんですよ。絶対にiPhoneとか持たないようにしているんですよ。Twitterとか映画上映のあとに見て必要以上に一喜一憂してしまうから。でも、本当はそれで世の中は変わらない。すごく気になるから見ちゃうんだけど、あんまり見ないようにしようと心がけています(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング