近代以前の日本では「巨根」に否定的な傾向あったと記す書籍

NEWSポストセブン / 2013年8月1日 15時59分

【書評】『性欲の研究   エロティック・アジア 』(井上章一著/平凡社/1890円・税込)

 本書は、「性欲」を切り口とした東アジア近代史に真正面から取り組んだ研究書である。収められているのは、美人論で知られる編者が代表を務める「関西性欲研究会」のメンバーによる対談、論文、文献紹介、コラムの数々。その研究テーマは、近世中国に実在した女装の男娼「相公」の実態から、ハルビンにおける大日本帝国軍人のストリップ体験、現代韓国の美容整形事情まで幅広い。

 スケベ心は万国共通、なかでも東アジアに息づくエッチ事情は互いに強い絆で結ばれていると編者は指摘する。たとえば、〈19世紀中葉の英仏でなりたち、アジアのモダンロードで助平の度合いを強めた「トルコ」風呂が、1920、30年代の上海にあらわれた。それが、20世紀中葉の日本に伝来し、今はソープランドと名前をかえ〉た(編者と劉建輝との対談『上海モダンの風俗事情』)。

『日中おまた事情性器から読み解く理想像 男性器編』(梅川純代・日本大学専任講師)では、近代以前の文献に残された日本と中国それぞれの「理想のペニス」像を比較。中国では性愛技法を超えるものとして「巨根」を求めたのに対し、日本では「大きすぎるペニス」には否定的な見解を示す傾向があったことを指摘する。「理想のペニス」はかくも違うが、その根底に「女を満足させたい」という熱望があるのは同じだという。

 これに限らず、編者お得意の徹底した文献渉猟によって、昨今騒がしい日中の政治的関係とは裏腹に、太くて熱いスケベな交流が脈々と息づいてきたことの例証が次々と挙げられていく。政治などクソくらえ、スケベ心こそ人類の普遍的価値だと言わんばかりの姿勢に思わずほくそ笑みたくなる。

※SAPIO2013年8月号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング