最近注目のガラス製お墓 台座・階段もガラスで価格は1億円

NEWSポストセブン / 2013年8月3日 16時0分

 ライフスタイルや家族構成の変化によって、墓のあり方が様変わりしている。もちろん長引く不況や「墓地」そのものの不足も影響している。そんななかで個性を発揮した奇抜な墓石が次々登場し、墓への関心の高まりは、プチ旅行気分で著名人の墓を巡る「墓マイラー」も生んだ。葬儀・お墓コンサルタントの吉川美津子氏が、最新のお墓事情について解説する。

 * * *
「約200万円」──これが、首都圏でお墓を建てた場合にかかる平均的な総額です。墓地には大きく分けて自治体が運営する「公営霊園」、宗教法人や公益法人による「民営霊園」、それからお寺に付属している「寺院墓地」の3種類があります。

 お墓を建てる際には、場所を使用するためにかかる「永代使用料」、「墓石・工事費」、お墓を維持するための「年間管理費」などのコストがかかります。それぞれには大まかな相場がありますが、現実にはケースバイケース。数十万円で済む場合もあれば、1000万円以上かける方もいます。

 例えば「永代使用料」。一般的には公営霊園のほうが割安ですが、都心では不動産の土地価格と同様に高くなり、東京都が運営する「青山霊園」はなんと6平米で1635万円となっています。この場合、墓石も入れれば軽く2000万円オーバーとなります。

 由緒あるお寺も高いことが多い。鎌倉五山のひとつ円覚寺では、2年ほど前から一般向け墓地を売り出し、例えば1.8平米で900万円。面積あたりで考えれば、超一等地の青山霊園より高いわけです。逆に北海道や九州、沖縄などでは、1平米あたり1万円というケースも。「永代使用料は要相談」となっていることもあり、場所によっては5000~8000円で済むところもあります。

「墓石・工事費」もケースによって大きく異なります。注意してほしいのは、民営霊園ではほとんどの場合、石材店が指定されていること(公営は自由に石材店を選べる。寺院はケースバイケース)。墓地の開発には開発業者や石材店といった民間業者が運営面・資金面などで協力していることが多いからです。

 安い中国産のものでは、一般的な和型・八寸角で70万円ほどからできますが、高いほうはまさに天井知らず。高品質な石材として知られる庵治石の中でも最高級のものは500万円以上もします。また、最近注目されているガラス製のお墓は、400万円以上するものもあります。これは台座抜きの値段。台座や階段などすべてをガラスにすることもでき、その場合は1億円もかかるそうです(まだ注文した人はいないとのことですが)。

※SAPIO2013年8月号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング