【キャラビズム】米国教師は銃持つガンマン・ティーチャーに

NEWSポストセブン / 2013年7月27日 16時1分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの86歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
●En Amérique l’on va armer les professeurs des écoles…. <teacher gunman>peut-être?
アメリカでは学校の先生に銃を持たせることになったそうです、<ガンマン・ティーチャー>かな?

●Jadis,c’était l’époque de la pauvreté et du coeur,maintenant c’est l’époque de l’argent et on ne sait de quoi d’autre!
昔は貧乏と心の時代、今の時代はお金と何でしょうか?

●L’alcool et les femmes font danser les hommes!
酒と女は男を躍らせる!

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング