車のガソリン代節約法 満タンではなく半分にする方が良い

NEWSポストセブン / 2013年8月5日 16時0分

 夏の行楽シーズン、車で出かける機会も多くなってくるが、そのとき気になるのがガソリン代。例えば東京から大阪、500kmの道のりを車で行った場合、燃費1リットル10kmでガソリン代は約7850円かかる。1年前は1リットル135円だったのが、今は157円に上昇しているので、往復で約2000円あまりアップ。どうやってガソリン代を節約すればいいのだろうか?

●値段が一目瞭然のサイトでGSを事前チェック

 車で出かける場合、最大の節約ポイントはなんといってもガソリン代だ。1円でも安いガソリンスタンド(GS)を探したいと思いつつ、結局、探しているうちにGSがなくなって、高いところで入れざるを得なくなるのもありがちなこと。節約アドバイザーの丸山晴美さんがすすめるのは、『gogo.gs』というサイトだ。

「日本全国のGSのガソリンの値段が載っているので、その周辺ではどこがいちばん安いのかが一目瞭然。出発前にチェックしておけば、どのGSで入れるかで迷わずにすみます」(丸山さん)

 たとえ最安値のGSに行けなくても、相場を知っておくことで「このぐらいならいいか」と納得できるはずだ。

【入会すれば1リットル当たり7円もお得なカードも!】

「ガソリン会社が自社で発行しているクレジットカードを活用すれば、ガソリン代がぐっと割引になります。利用額によって異なりますが、例えばエネオスの場合、最大7円引きに。1リットル157円とすれば150円で入れられる。20リットルなら140円、40リットルなら280円も差がつきます」

 と言うのは、モータージャーナリストの岩貞るみこさん。ポイントがたまるカードもあるので、賢く選びたい。

【満タンではなく「半分」に】

 長距離運転に備えて「ガソリンは満タンにしておくほうが安心」という気持ちもわかる。だが、節約のうえでは、半分ちょっとにしておくほうがいい。

「満タンにしておくと、その分、車の重量が重くなり、燃費が悪くなってしまうんです」(岩貞さん)

【トランクは空にしておく】

 同じ理由で、トランクの荷物も少ないほど燃費がよくなる。ゴルフバッグや家族で春に行ったキャンプセットなど、ついつい荷物を積みっぱなしにしがちだが…。

「使わないものは家に置いていきましょう」(岩貞さん)

【タイヤの空気圧をチェック】

 タイヤの空気圧が減った状態で走ることも、燃費を悪くする原因になる。

「タイヤショップのかたによると、空気圧が足りない車がかなり多いそうです。できれば1か月に1回、最低でも3か月に1回は、GSで空気圧をチェックしてもらいましょう」(岩貞さん)

 2000ccの車を月に100km走らせた場合、空気圧の低い状態のままだと、ガソリン代が年間2400円違うというデータもあるというから、バカにならない。

※女性セブン2013年8月15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング