視聴率絶好調の『半沢直樹』原作は7月だけで40万部超売れる

NEWSポストセブン / 2013年8月7日 16時0分

 TBS日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜午後9時~)が、絶好調だ。7月28日、裏番組でサッカーの日本代表戦が放送されていた第3話では、悪条件をものともせずに、22.9%の高視聴率を獲得し、人気の高さを裏付けた。8月4日に放送された第4話では、平均27.6%、瞬間最高視聴率はついに30.0%に達した(数字はいずれも関東地区)。

 さらに、ドラマのフィーバーとリンクして『半沢直樹』の原作小説である直木賞作家・池井戸潤氏の『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』(いずれも文春文庫)の累計発行部数は合わせて130万部にも到達。

 それもドラマが始まった7月だけで、それぞれ40万部を超える増刷になっているというから、その勢いたるやもの凄い。 TBS製作の番組関連グッズも飛ぶように売れ、早くも品薄商品が続出しているという。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング