酒豪・金村義明氏 「節制してたら選手寿命伸び、成績残せた」

NEWSポストセブン / 2013年8月20日 16時0分

 昨年、残念ながら休刊してしまった野球雑誌『野球小僧』(白夜書房)の名物企画「俺に訊くな!」。一芸に秀でたプロ野球選手に、得意分野とは真逆の質問を投げ掛けるその企画は、的外れのようでいて、一流は一流を知る、ということがよくわかる野球記事だった。リスペクトを込めてこの企画を復活させて頂き、元近鉄バファローズの金村義明氏(49)に「コンディションの整え方」を聞いた。

 鳴り物入りで近鉄に入団し、“いてまえ打線”の中軸として活躍した金村氏。酒豪としても有名で、試合前日でも豪快に飲むその私生活から、「いてまえ大将」のニックネームをつけられたほど。そんな金村氏に試合前の「コンディションの整え方」を質問すると、間髪を入れずに、「そりゃあ、絶対に酒は飲まないほうがええわ」。

 自身は豪快に飲んだ翌日に、本塁打をかっ飛ばしたこともあったと聞くのだが。

「そりゃあ、朝まで飲んで、そのまま球場に行ったこともありますよ。シーズン中でも飲みに誘われたら断わらなかった。近鉄時代の仰木監督が豪快な酒を飲んでいたから、酒を禁止されることもなかったし。でも、ボクの経験から言えば、試合前というより、シーズン中は深酒しないほうがいい。

 翌日の試合はなんとか持ったりするし、間違って活躍することもあったけど、1週間後にはドのつくスランプが待っているんよ。1か月近く体調がボロボロということも経験しました」

 もっと節制していたら選手寿命は伸びていたし、成績も残せていたと悔恨する。たしかに甲子園優勝の逸材ながら通算打率.258、というのは不本意な成績なのだろう。しかし、昨季で引退した“アニキ”こと金本知憲氏(45)も豪快に飲むイメージを持ちながら連続試合フルイニング出場の世界記録を達成した。

「いやあ、実際にはあれほど節制している選手はおらんかった。僕や清原はイメージ通りに飲んでいたけどね(苦笑)。今の選手は僕らの頃よりはるかに給料もいいし、待遇もいい。1年でも長く現役を続けたいというので、節制していますよね。本拠地での試合が終わったらまっすぐ家に帰って、遠征先では宿舎のホテルから出てこない。僕らのように、“ホテルは荷物を置くところ”という感覚の選手は皆無やろうな」

 いまは「無茶苦茶反省している」と金村氏はため息をついた。『あぶさん』の時代はもう遠い過去か……。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング