41才バカ夫 ひやむぎのピンク色麺を5才息子から奪い上機嫌

NEWSポストセブン / 2013年8月14日 16時0分

 夏の昼食といえばひやむぎだが、37才女性・パートのSさんは、ひやむぎ大好きの夫(41才)に悩まされているという。Sさんが語る。

 * * *
 いくつになっても少年の心を失わない夫(41才)…といえば聞こえがいいけど、やることなすことちっちゃい。

 この前だってそう。休みの日「お昼はひやむぎねぇ」と言って茹でていたら、サササーッと音もなく私の隣に立って「おい、ピンクはおれな」と小声で。

 ピンクの麺は5才の息子が喜ぶアイテムだもの。夫の発言は聞こえなかったことにして息子のお皿に入れたら、たちまち不機嫌でさ。

「おうおう。何聞いてんだよ、ピンクはおれだって最初に言ったはずだぞ!」と私をニラミつけてんの。

 デキた息子よ。「いいよ、パパにあげる」と言って麺を1本、夫の麺つゆに入れたんだから。でも並みの親ならここは「いいよ」って断るでしょうが。

 だけど夫はうれしそうに「いいのか? 本当にいいのか?」ってツルリと食べてんの。その幸せそうな顔ったら…。

 ああ、あほくさっ!

※女性セブン2013年8月22・29日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング