金正恩 食糧事情緊迫についてマリー・アントワネット風発言

NEWSポストセブン / 2013年8月16日 7時0分

 核実験やミサイル発射実験で国際社会を挑発し、その後交渉に転じて譲歩を引き出そうとする金正恩第一書記。このような国家運営は、いつまでも続けられるものではない。『北朝鮮はどんなふうに崩壊するのか』(小学館101新書)を上梓したジャーナリスト・惠谷治氏は、金正恩体制崩壊の予兆とも言える同国内の異変をキャッチした──。

 * * *
 金正恩の父・金正日は人民の怒りを買わぬよう、自身の私生活を巧妙に隠し続けた。一方の金正恩は妻・李雪主と一緒に牡丹峰楽団の公演を観覧するなど、表層的な繁栄を演出することに熱心だ。慢性的な食糧難に苦しむ人民には理解を示さない。

「現在、食糧事情が緊迫しているのは、人民たちがご飯にだけ執着していて、パンを食べても食事ではないと感じているからだ。他の国に比べて、食糧として使われる穀類消費量がとても多い」

 金正恩は以上のように言明し、さらにこう語ったという。

「我が国の人民たちに料理の知識がなく、料理をうまく作って食べることができないなら、料理法を録画編集したDVDを製作すればいいだろう」(韓国の月刊誌『新東亜』2013年4月号)

 それで食糧難が解決できるなら苦労はない。まるでフランス革命でギロチンにかけられたマリー・アントワネット王妃の「パンがなければ、菓子パンを食べればいい」という言葉のようだ(ただし、アントワネットの言葉は創作されたものだと判明している)。

※SAPIO2013年9月号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング